1/100 Gキャノンマグナ


今回はシルエットフォーミュラシリーズより
1/100Gキャノンマグナをレビューしたいと思います
何気にシルエットフォーミュラは今まで手をつけてなかったみたいですね

キットはF91シリーズのGキャノンにランナーを追加したものみたいなんで
出来のほうは結構期待出来そうです
早速見ていきましょう

まずはパッケージ





本体の絵が描いてある横にキットの合成画像がある面白いデザインになってます
パッケージ表面にキット写真って何気に珍しい気がします

お値段は税抜き1000円
1/100サイズではありますがベースキットが小型シリーズのため結構リーズナブルな価格となってます






ランナーです
多色成型ランナー一枚で成型色はバイザーのクリアパーツまで入れると4色
またポリキャップも同一ランナーにおさまってます
イロプラというかシステムインジェクションですねコレ
パーツ数は結構多めです

また、シールの他に水転写デカールも付属
きちんと作る人には有り難いですね、自分は今回も貼る自信が無いので貼ってませんw




説明書はこんな感じ
劇中設定等やストーリーなんかが結構細かく書かれてます


このキットはスナップフィットなので接着剤不要で
今のキットと同じように完成します


ということで完成




組み立て時間は1時間30ほどでした
この時代にしてはパーツ割がかなり細かいので結構時間かかってます

プロポーションは個人的には設定画まんまでカッコイイと思います
最近のスマート機体と比較すると人によってはイメージが変わるかと思いますが

成型色とシールでそこそこ色分けされてますが
キャノン部が真っ白だったり、胴体が単色だったりと細かい部分はちょっと足りないです





付属品はこれだけ
マシンキャノンユニット装着タイプにするためのパーツになります





組み替えるとこんな感じに


頭のクリアランスがギリギリで正面しか向けないのが欠点w


そして手持ち武器はなんも無しなんですね
本体自体が武装の塊みたいなもんだから必要ないのかな


可動範囲

肩はここまで



肘はこんな感じ
前後ともに90度近くまで可動します



手首は可動指
保持力が不安ですが、このキットに手持ち武器は無いので安心ですw


腰はこのぐらいまでは回転可能
腰の接続はプラ接続なのでこちらもちょっとヘタリが怖いかな



開脚と接地はこのぐらい
当時としては結構な可動範囲


膝や脚の前後可動はこのぐらい
フロントアーマーおよびサイドアーマーはそれぞれ独立して可動してくれます
もう殆ど最近のキットと同じ仕様ですね





特徴的なキャノン砲は割りとフレキシブルに可動
ただ接続軸がプラのためヘタリが怖いかも



バックパックの偏向板みたいなのも一応可動



脚のバーニアも可動します
何気にポリ接続・・・こっちのポリをキャノン砲や腰に使えばいいのにとか思ったけど
流用キットなんで仕方無いんでしょうね

可動範囲自体は結構広そうなんでぶんどどしてみましょう

ぶんどど













メタルヒーローっっぽい気がする・・・

なんかモビルスーツっぽく無いかっこよさがあります
ガンダム意外のアニメなら普通に主役張れそうな感じw

ただやっぱ手持ち武器がなんか欲しいかも




ということで 1/100 Gキャノンマグナ でした〜
F91シリーズの流用キットなので基本的な部分はかなり出来が良いと思いますが
追加パーツ部分の可動箇所が殆どプラ接続なのが気になる人は気になるかも

それでも色分けもそこそこなされてますし、可動範囲自体も時代を考えれば平均以上
それでいて1000円というリーズナブルプライスw
個人的にはかなりおススメキットです

他のシルエットフォーミュラも見かけたら捕獲してみようかと思いますw

以前のレビュー品はこちら