1/100 ビギナ・ギナ

写真の練習もかねて連続レビュー・・いいかげんRGウイングも手をつけなければ・・・

ということで今回はF91シリーズよりヒロイン機体のビギナ・ギナをレビューしたいと思います

基本的にF91シリーズはハズレが無いイメージなのでコイツも楽しみです
さっそくみていきましょう



まずはパッケージ




最近のHGとかよりちょっと小さめのパッケージサイズ
お値段は税抜き1000円と小型機体ゆえ1/100キットにしては非常にリーズナブルになってます




ランナーです
パーツはかなり細かめ
多色成型は使われてませんが成型色自体は4色となってます
ポリキャップは専用品


またシールの他に水転写デカールも付属
今回も貼らずにいきたいと思います




説明書はこんな感じ
劇中設定がわりと細かめに書かれてます


このキットはスナップフィットなので今のキットと同じように接着剤不要で完成します

ということで完成




組み立て時間は1時間40分ほどでした〜
プロポーションはかなり良いと思います
色分けも元が単純配色なんで、素組みでも十分に見えますね


各種パイプ類はポリキャップと同じ軟質素材
バイザーはクリアパーツで再現されてます・・今見ても全然通用しますね・・凄い

さらに


関節はきちんとポリキャップが隠れています・・・今見ても(ry




バックパックはこんな感じで可動
ただ接続がプラ軸のみのため保持力的にちょっと不安です



付属品はシールドとライフルのみ
ライフルはフォアグリップが可動します


続いて可動範囲

肩はここまで



肘は90度までは動きません
このへんの可動範囲は時代を感じるかもしれませんが
当時としては十分な可動範囲


手首は保持力が残念な可動指・・



腰は360度回転可能なほか



この時代のキットには珍しく前後可動が可能
可動範囲も結構広いです




開脚と接地はこんな感じ
今見ても結構優秀ですね


脚の前後や膝はこんな感じ
頑張れば膝立ちもいけそう

上半身、下半身とも時代を考えると素晴らしい可動範囲です
武器の保持に若干の不安はありますがw

ぶんどど











劇中だと飛んでたイメージしか無いんで違和感ありますが
気にしないで見ると普通にカッコイイ



ということで 1/100 ビギナ・ギナ でした
なんというか安定のF91シリーズクオリティでしたね

可動範囲、プロポーションともに今のキットと比較しても、そう遜色無いクオリティだと思います
きちんと組んでやればMGキットとかの横に並べておいても違和感無いですよコレ
それでいて、お値段も安いので個人的には非常におススメキットです
見かけたら是非w




・・・別件


とりあえず色んなものをライティングを変えつつ撮ってみてるんですが

。。。なんか撮影ブースに入るキットはそっちで撮ったほうが綺麗で凹みますw
大物だけグラペにしようかなぁ



以前のレビュー品はこちら