豪剣頑駄無 輝羅鋼極彩


豪剣頑駄無 輝羅鋼極彩 を素組みで完成させたので軽くご紹介

旧キット番外編・・・かな

まずはパッケージ




輝羅鋼極彩の文字が追加されてる他
写真がちゃんと極彩シールのものと切り替わっていて
当時品と微妙に違います
お値段は税抜きで1000円
当時のBB戦士にしては高めです





説明書は懐かしのコミックワールド






ランナー
成型色は3色のみ
当時品は綺羅鋼ランナーがメインだったので色プラも使われてなくて
ちょっと寂しい感じ

其の分シールはかなり多めです



そしてメインの輝羅鋼極彩シール
やはり当時品と比較すると見劣りしちゃいますね

組み立て自体はスナップフィットなんで今のキットと同じように完成しますが
タッチゲートでは無いので今のBB戦士みたいに工具不要って訳じゃないので注意しましょう






ということで完成
武者形態です
組み立てるとこんな感じです
成型色とシールでそこそこ色分けされますが

輝羅鋼じゃないシールの精度が恐ろしく悪くて難儀しました
モールドと全く合わないんですよね・・・密着させないで軽く乗せる感じに貼ったほうがいいのかも





輝羅鋼をつけるとこんな感じ
極彩シールでも見る方向によってはそれなりに見えてくれますが
やっぱり当時品と比較すると・・





可動は腕が動くぐらい
当時品のBB戦士なんで期待しないほうが良いです

武者形態から変形



こんな感じで一部・・というか殆ど差し替え




豪鉄剣臣形態!

リアル体型でプロポーションも良いですね
サイズは1/144よりちょっと小さいぐらい







この形態だと可動も結構優秀に
アンテナ位置が間違ってるけど気にしないw


ぶんどど






こっちもアンテナ位置が間違ってるけど気にしない
当時品だと考えると結構良い可動じゃないかと





ということで 豪剣頑駄無 輝羅鋼極彩 でした
肝心の輝羅鋼は流石に当時品と比較すると見劣りしちゃいますが
それを抜きにしてもギミック自体は面白いと思います
なにげに最近のBB戦士ってリアル体型に変形するやつって無いですし
とか思ったらスターウイニングだと・・・



おまけ






見る方向やライティングで誤魔かせ・・・る?
流石にメッキとかと比較すると見劣りしますが地味にシール密着させるの楽しいですw
他のシリーズでもこのシール使ってみてくれると面白いかも

以前のレビュー品はこちら