1/100 ヘビーガン


久久の旧キットレビュー
今回はビルギットだけを○す機械・・・じゃなくて
1/100 ヘビーガン をレビューしたいと思います

基本的にF91シリーズはハズレが無いイメージですが
コイツもそうなんでしょうか
早速見ていきましょう

まずはパッケージ





1/100サイズですがパッケージは最近のHGUCとかよりコンパクト
お値段も税抜きで800円とかなりリーズナブル




ランナーです
F91ではシステムインジェクションが使用されてましたが
こちらは多色成型すら使われてません、さらに成型色自体は3色と多くありません
元々単純配色だからでしょうね
パーツ割りも結構単純そうです




説明書はこんな感じ
劇中設定等が多少書かれてます

このキットはスナップフィットなので今のキットと同じように接着不要で完成します
つーことで完成




組み立て時間は40分ぐらいでした、今のキットと比較するとホントにサクサク組めると思います
プロポーションは結構良いですね、色分けも元々単純配色なのもあってシールドぐらいしか気になりません
なにげにカメラアイはクリアパーツ


付属品はライフルとシールドのみ


特にギミックはありませんが
シールド裏側まできっちり造形されてます





ライフルは腰にマウント可能

続いて可動範囲

肩はこのぐらい



肘はポリ丸見えですが範囲自体は悪くないです



手首は可動指ですが、あいかわらず保持力が不安な感じ
この時代のキットは仕方無いですね


腰はなにげに360度回転可能です



さらに腰のグレネードラックは開閉可能




開脚と接地はこんな感じ
こちらも時代を考えると結構優秀です


膝や脚の前後はこのぐらい、こっちは時代なりかな

それでも全体通してみればかなり動く部類にはいると思われます


ということでぶんどど








ビルギットには勿体無いぐらいカッコイイ気がしますw



ということで 1/100 ヘビーガン でした
時代なりのポリ丸見え関節や保持力が不安な可動指などありますが
全体通してみれば可動、プロポーション、色分け、値段、全てがかなり高レベルでまとまってる良キットだと思います
この値段なら入門用にもおススメです



おまけ

本来ならジェガンジェスタとかと比較するべきなんですが
サイズの合う量産機がコイツしかいなかったのでネモさんで代理
ヘビーガンもF91時代の機体らしく小型なんですよね



以前のレビュー品はこちら