1/144 ガンダムNT-1


今回の旧キットは 1/144 ガンダムアレックスことガンダムNT-1です

0080シリーズは今まで基本的にハズレが無かったんですが主役機体であるコイツはどうでしょう
早速みていきましょう


まずはパッケージ




箱絵がメッチャかっこ良いです
パッケージサイズは初期HGUCズゴックとかと同じぐらい
お値段は税抜きで800円と144の当時のキットとしてはチョットお高めですかね




ランナーです
パーツはかなり細かめ
多色成型で成型色は5色、色分は結構期待できそうですね
またポリパーツが別に付属してないから、プラ関節かと思ったら
ポリが普通のプラパーツと一緒に成型されてるシステムインジェクションでした





説明書はこんな感じです
機体設定等が割りと細かく書かれてます


このキットはスナップフィットなので
接着剤不要で今のキットと同様に組めます

ということで完成




組み立て時間は1時間ちょいでした
プロポーションチョバムアーマー装着前提だからちょっと違和感あるかもしれませんが
個人的には全然アリです
色分けも成型色とシールで十分、今のキットと比較してもそう遜色無い気がします



付属武装
このほかにもチョバムアーマーが付属しますが
後記します



特徴的な腕のマシンガンは差し替え用の別パーツで再現可能になってます


可動範囲

肩はほぼ90度



肘の他、手首にも可動軸があるので
見た目だとかなり可動範囲が広く見えます



あまり可動範囲は広くありませんが同時期のGP01と違い
きちんと腰にも可動軸があります




開脚と接地はこんな感じ
かなり優秀だと思います


膝や足の前後はこんな感じ
フロントアーマーは独立可動するようになってます


ぶんどど・・・・・の前に
チョバムアーマーを装着してみましょう

こちらがキットに付属するチョバムアーマー
結構細かく分割されています


また取り付けは旧キットのPガンダムであったポリジョイントで行う方式になってるので
接着しない限り取り外し可能です・・・良く考えられてますね


装着



チョバムアーマー装着時でも結構プロポーションいいと思います

可動範囲



肘は若干狭くなりますが、それでもかなり動いてくれます







腰や脚の下半身は殆ど可動範囲に変化ないですね
このキット、チョバム状態でも結構動いてくれます


改めてぶんどど















チョバムアーマーつけてもこれだけ動くとは
凄いですね・・・当時、出来が良すぎるって言われたのが良く分かる気がします



ということで 1/144 ガンダムNT-1 でした
正直、今のキットと比較してもそう遜色無いキットだと思います
個人的に気になったのはポリ丸出し関節ぐらいですし
劇中の特徴的なギミックはほぼ再現されてます、それでいて値段も安いと
かなりおススメキットです、やはり0080系にハズレは無かった

しかし、これとGP01が100円しか違わないなんて


GP01が高いのか、NT-1が安いのか・・・

以前のレビュー品はこちら