1/144 ガ・ゾウム


今回はZZより
ガザDの後継機 ガ・ゾウムのキットをレビューしたいと思います
マトモな旧キットレビューって久久な気がします

ガザDは当時としては出来は良かったと思いますが後継機のコイツはどうでしょうか
では


まずはパッケージ



税抜きで600円と当時の144キットの平均的な価格ですかね
ガザDも同じ値段だった気がします



ランナーです
パーツは結構細かめですが成型色自体は二色なんで色分は期待しないほうが良さそうです





説明書には劇中設定等がわりと細かく書かれてます

このキットは接着が必要なので別途接着剤をご用意ください
その他は今のキットと同様に説明書どおり組めば完成です


ということで完成




組み立て時間は1時間ちょいでした
可変機ゆえに細かい部品が多いので結構組応えがありました

色分は・・・頑張って塗装しましょう・・・
プロポーションも・・どうなんでしょうねコレ
元々が人型から外れてる感があるので、ちょっと何とも言えません





付属品はライフルのみ
グリップ部分は可動します




可動範囲


肩はこんな感じで結構上がってくれます



肘はこんな感じ、手首部分も変形ギミックの都合上結構動きます

ただ肩、肘両方とも関節部にポリキャップを使用していないためヘタリが早そうです


腕はこの円形の部分で可動するようになってます、こちらはポリキャップが使われてるんでちょっと安心




開脚と接地はこのぐらい
開脚自体は結構出来るほうかもしれません



脚や足首の前後と膝、変形ギミックの都合もありますが
殆ど動かないですね



そんな犠牲の上になりたっている変形ギミック




こんな感じで一部差し替えで変形します







この形態はかなり上手く纏まってると思います
タダ寝かせただけかと思いきや、結構きちんと変形してるんですよね
なにより、ちゃんと飛びそうな形してるのが重要ですw



ぶんどど








やっぱ可動はちょっと硬い気がしますw




ということで 1/144 ガ・ゾウム でした
可変ギミックのせいで可動が犠牲になってる気もしますが
全体的に見ると上手くまとまってると思います

流石にガザDと比較しちゃうと厳しいものはあるかもしれませんが

なによりMA形態が普通にカッコイイんですよね、ガザよりw
そんな感じで可変機スキーにはおススメできるキットだと思います

以前のレビュー品はこちら