メカコレクション ガンダムマックスター

旧キット番外編!



機動武闘伝Gガンダムより
コレクションモデル ガンダムマックスターをレビューしたいと思います

放映当時の144キットの廉価版キットですが、どんな感じでしょうか
では


まずはパッケージから




こんな感じでフックにかけられたり
一部クリアで中身が見えるソフビみたいなパッケージ
プラモというより玩具色が大分強いですね

マグナム級のハードパンチャーだ!!とかw

箱の横には実物大の写真が載ってるのも時代を感じますね・・・・なにもかも懐かしい・・

お値段は税抜き300円とかなりリーズナブル


中身

パーツはかなり割り切った設計になってるみたいですが
ランナーは二枚で一応二色成型です
更にこの値段ながらシールも付属・・・経年劣化なのか殆ど定着してくれませんがw



説明書・・・機体解説とかじゃなくて裏面はプラモの広告になってます


ちなみに初版品だったのかこんなものも入ってました
気づかないで間違えて貼ってしまったw



このキットはスナップフィットなので今のキットと同じように組めます
ただタッチゲートとかでは無いんで、そこは注意・・・・って今更わざわざこのキット探して買う人いないですよねw





ということで完成
組み立て時間は15分ぐらいでした
プロポーションは意外に悪くない気がしますね・・

太股の内側が肉抜きされてるのはご愛嬌w


色分は最低限ですが、Z時代の220とかと比較すると
この価格でこれならかなり頑張ってるほうだと思います
二色の上、シールまで付いてますし



武器はギガンティックマグナムが付属
なんと144キットと違ってきっちり二丁付属してくれています
しかもきちんと腰にマウント可能・・ここだけは144キットより優秀ですねw


可動範囲


肩は開けません、軸可動のみですが
ガタ部分でちょっとは表情付け可能かと



肘は前後方向に90度可動、内側じゃなくて良かった・・・
地味に手首はボールジョイントになってます




開脚と接地はこんな感じ
股間はボールジョイントですが可動範囲時代はあまり広くないかな
そしてプラ関節なんで非常にヘタリが怖いです


膝もある程度は可動
足首はつま先だけが軸可動する感じになってます

値段考えるとそこまで悪くない気がします




ぶんどど






うん・・・意外に悪くないと思います

当時世代なんで、大分個人の主観がはいってるかもしれませんがw



ということで メカコレクション ガンダムマックスター でした
流石にオミットされてるギミックも多いですが
値段を考えれば、そこそこの色分け、そこそこの可動と
入門用キットとしては非常に優秀な出来だと思います

個人的にはマグナムが二丁付属してくれていることに感動しました
そういえばシャイニングのメカコレもシャイニングフィンガー用の平手があったりしましたね

廉価版なのに地味に144キットより優れた部分があったりするのも時代ゆえのご愛嬌でしょう

あえてこっちをたたせるために144キットが手を抜いたって可能性も微レ存・・・いや無いかw



おまけ

144キットと比較
やっぱ200円の差はデカイですねw
手を抜いたってことは無さそうな気がします
しかし改めて見ても当時の500円モデルって可動ギミックともかなり優秀ですよね


以前のレビュー品はこちら