1/100 ガンダムF91


バンダイチャンネルで追加されたのでついカッとなって組んだ
今は満足している

ということで今回は1/100ガンダムF91の旧キットをレビューしたいと思います

まずはパッケージ




旧キットって箱絵が素敵ですよね
お値段は税抜きで1400円と当時としては結構お高めです




ランナーです
パーツはかなり細かめで
懐かしのシステムインジェクションで色分けも期待できそうです
パーツごとに分かれてるわけじゃないので塗装派にはちょっと厄介かも


シールの他にデカールも付属してます





説明書です
劇中設定等が多少書かれてます

このキットはスナップフィットなので今のキットと同じように接着剤無しで完成します
ということで完成





組み立て時間は2時間ぐらいですかね、プロポーションは結構良いです
色分けもかなり優秀




付属品
かなり豊富です






放熱パーツは差し替えで再現可能
まさか頭まるまる付いてるとは・・


脚部分は一パーツごと可動・・凄い



ヴェスバーも設定通りバックパックから展開、伸縮
グリップも可動します



可動範囲

肩はこのぐらい



肘はしっかり90度
手首は保持力が不安な可動方式です



腰もこの時代にしては珍しく回転可能




開脚と接地はこのぐらい


膝や足首はこのぐらい、フロントアーマーはきちんと左右独立可動します

可動範囲も時代をかんがえればかなり優秀です


ぶんどど










劇中じゃ殆どっていうか空中か宇宙しかなかったから地上でのポージングに違和感あるかもしれないですが
かなりカッコイイです




ということで1/100 ガンダムF91でした〜
時代ゆえにポリキャップ丸出しの関節や合わせ目が目立つのは仕方ないですが
それを差し置けば、可動範囲、プロポーション、色分け、ギミック・・今の目で見ても十分通用する好キットだと思います

ただ一つ個人的に不満点があるとしたら
シールドのクリアパーツがあるんだからサーベルもクリアにしてほしかったってところぐらいかな
値段もHGUCと殆ど変わらないお手ごろな値段なので二つ買って並べてみるってのもアリかもしれませんね



おまけ

ハイ、露骨なステマでしたw


以前のレビュー品はこちら