1/144 ドーベンウルフ


今回はZZ時代の旧キットをレビューしたいと思います
ZZ時代らしく144キットながら凄まじいボリュームとなってます

さっそくいってみましょう

まずはパッケージ





この時代のキットとしては珍しい横デザインになってます
パッケージサイズは大体ファーストの100キットと同じぐらい

144キットですが前述したように凄まじいボリュームなのでお値段も税抜き800円と
ファースト時代の100キットと同じぐらいの価格になってます




ランナー、パーツはそこそこ細かいですが
成型色は二色のみ、色分は期待しないほうが良さそうです




説明書には劇中設定が色々と
ヒートロッドまで付いてたんですね・・キットでは当然のようにオミットされちゃってますが

このキットは接着が必要なので別途接着剤をご用意ください
他はいまのキットと同じように説明書どおり組めば完成です

つーことで完成



組み立て時間は1時間30ぐらいかな
プロポーションは結構良いと思います
色分は・・・ウン、ランナー状態での予想どおりですね
頑張って塗装しましょう



バインダーや足首は一応可動




付属品はサーベルとメガランチャー


メガランチャーは銃身部やストック部が伸縮、フォアグリップが可動し



設定通り胴体に接続可能になってます


可動範囲


肩はこんな感じで可動します



肘はこのぐらい、手首も可動するので実際の可動範囲より広く見えます
上半身は平均的・・・かと思いきや首が接着仕様のため可動ができません




開脚と接地はこのぐらい



膝はこのぐらい

全体的にボリュームの関係から可動範囲はきびしめですが

ぶんどど












可動範囲は狭いですが
結構良いかも知れない・・・軽くポージングしてあげるだけでも様になってる気がします





ということで 1/144 ドーベンウルフ でした
第一印象はなんといっても凄いボリューム
また可動範囲こそ残念なものの、プロポーション自体はそこまで悪くないですし、ランチャーの接続ギミックなど意外に良く出来てます

値段を考えると旧キットの中では結構おススメの部類ですね〜


おまけ


100円違うだけでこのボリューム差


マジでデカイんです


MGのネモとほぼ同サイズ・・・
ドーベンウルフのMGとか出たら凄い事になりそう・・・と思ったけど、まず出ないですよねw




以前のレビュー品はこちら