1/100 HG ガンダムサンドロックカスタム


今回は比較的新し目の旧キット
ガンダムW EW より 1/100 サンドロックカスタムをレビューしたいと思います
なにげに1/100のEWキットは初めてですね
出来の良かった144同様にHGブランドですんで、ある程度の出来はこっちも期待したいと思います
では早速ご紹介〜

まずはパッケージ




当時の1/100HGを厚くした感じで
この時代の1/100キットにしてはかなり大きめのパッケージサイズですね
その分お値段も税抜き2000円と結構お高めとなってます







ランナーです
パーツはHGらしく非常に細かいですね、多色成型は1枚ですが成型色は全部で9色!
色分けも期待出来そうです


でもカトル君の造形は時代なりかもw






説明書には劇中設定や機体解説が結構書かれています

このキットはスナップフィットなので今のキットと同じように接着剤は不要です

ということで完成





組み立て時間は2時間ほどでした
プロポーションはかなり良いです、今の目でみても全然通用します
色分けもかなり高いレベルでまとまってると思います、肩上のセンサーの黄色まで別パーツとか素晴らしいですね、HGの名に恥じない仕様だと思います
ただ気になる人は肩のシールがちょっと気になるかな


付属品〜


ヒートショーテルとマントが付属


ヒートショーテルはグリップ部分が可動
また刃の部分はクリアパーツになっています

そしてなんといってもボリュームが凄い



設定通り背中にマウント可能なんですが
装備させるとこのボリューム!
撮影ブースにおさめるのがキツイぐらいですw



マウントさせるためにバックパックはこのように可動します





そしてマントのほうも不繊布素材を使用していて中々の質感



マントの装着は肩アーマーの一部分の可動ジョイントを介して行われるので
非装着状態でジョイントが目だなくなるようにも考慮されてます
いや、凄い


しかし、この状態・・個人的に凄くカッコよくてツボ




続いて可動範囲



肩の開きと肘はこのぐらい
かなり高いレベルだと思います
ただ肘はこの年代恒例のポリ丸出し関節・・まぁこの辺は仕方ないんでしょう


手首は保持力が不安な可動指
ヒートショーテルが結構な重量なんでチョット不安かも



腰はここまでは回転可能です



開脚と接地はこのぐらい
こっちは時代を考えると結構優秀だと思います



脚の前後や膝はこのぐらい、こちらも時代を考えると優秀なほうかと
また珍しくリアスカートも可動します


ぶんどど















肩の上下前後可動が無いんで流石にMGほど自然にポージングは出来ませんが
十分カッコイイです、不安視してたヒートショーテルの保持もとりあえずは問題なさそうです

っていうかこれで2000円は素晴らしい



ということで1/100 HG ガンダムサンドロックカスタムでした
2000円と当時のキットとしてはちょっと高価ですが
お値段以上のクオリティだと感じることが出来る好キットでした

腕のポリ関節や合わせ目等は今のキットにはかなわない部分はありますが
素組みで並べておくだけなら十分今のキットと言っても通用する内容だと思います
カトル君好きなら是非!


マントマジカッコよす・・・だいじなことなので(ry



以前のレビュー品はこちら