異次元合体もじバケるZ


いろんな意味で異次元なもじバケるの最新作
異次元合体もじバケるZを買ってきたので軽く紹介しようと思いますが
パターンが多いので結局凄い画像数にw



通常弾とは違うもじバケるで
超変換大戦のG系列の後釜になるのかな
ただお値段は各200円と50円お高めになってます
その代わりに当たりのボーナスパーツが無く
全種類にクリアパーツ他2色成型という仕様みたいです

ボーナスパーツが無いって事で箱で買う必要が無いので今回は店頭で1種類ずつつまんできました

では早速見ていきましょう

まずは究バケる




成型色が増えてボーナスパーツが無くなった以外は今までのバケるたちと変わらない仕様です
大きさも特に変わってるわけではありませんが





合体用説明書はそれぞれ2枚ずつ付属してます
全合体用は全てのバケるに入っていて、もう1枚はそれぞれの文字に対応した合体例の説明書になってます



シールを貼って文字モード完成
クリアパーツがいいアクセントになってますね
ただZから文字モードのデフォルメが激しくなってます・・・教育玩具としてのアイデンティティが・・


また、変換や合体が複雑になってるせいか、裏側がちょっと残念な感じ、さらにいうとカッチリしてません

気にせず超変換!!


こんな感じで変換
一部パーツはきちんと変形してたりしますが基本的には今までどおりバラバラにしてから組み替えです



究バケる!

なんだろうこれ、ドラゴン・・?



可動も今までどおりですかね


つづいて極バケる、基本的な仕様は全種類一緒っぽいので
ここからは殆ど写真のみで








説明書とか中身とか



文字モード



超変換!




極バケる!
ライオン・・・?かな




可動もそれなり、二足で立たせると人型っぽいかも



続いて悪バケる






箱とか説明書とか中身とか


文字モード


こいつも後ろから見ると残念かも
・・・スカスカなんですよね




超変換!




悪バケる!
人型・・・?いや悪魔型なのかな




左腕にガトリングという近代兵器を備えた悪魔になりますw
でもこれはこれでカッコイイかも
可動はそれなりですが、首が動くのは良いですね

続いて険バケる






箱とか説明書とか中身とか



文字モード



超変換!





険バケる!
魚っぽいなにかに


可動はヒレが動くぐらいで
正直、今回の中では一番微妙かもしれません


最後に
探バケる






箱とか説明書とか中身とか


文字モード



超変換!



探バケる!

これは鳥・・・フェニックスかな?
特技は何でも探すことが出来るっていう凄い地味な可哀想なやつだったりしますw




ただ、可動は中々優秀だったり




とりあえずここまでで単体は紹介し終わったので続いては合体バージョンを


まず究と極の合体


究極合体




究極バケる!
元々よく分からないのがさらによく分からないキメラに・・・いやまぁぱっと見はカッコイイんですが



続いて

極と悪の合体



極悪バケる!


・・・コレ絶対はいっ(以下自重
一回変な風に見るとそっちにしか見えなくなってくるんですよね



気をとりなして

険と悪の合体



険悪バケる!
これもいまいちモチーフが・・・


続いて


探と究が合体



探究バケる!


そして

探と険が合体



探険バケる!


ここまでで二体合体は終了
これだけでも凄いプレイバリューですが

さらにコイツは全合体まで公式でやってしまいます

ということで合体!




アルティメットZバケる!
非公式でも人気の高い人型の全合体で綺麗にまとめてきたと思います

クリアパーツもわりと良いアクセントになってるかと



ただ流石に可動は厳しいですね
一番の関門は保持力だと思いますが、ここは組み替え玩具上仕方ない部分ですもんね
きつすぎて外れないと困るし



ということで異次元合体もじバケるZでした〜

厳しいこと書くと
もじバケるとしては個人的には全くオススメできません、ここまで文字の形を崩されちゃうと

もはや訳の分からない物体から訳の分からない物体へ変形してる何か・・・って印象が強いです
Gはまだ割りと対応する文字に沿ってたと思うんですが、ちょっとこれは違うんじゃないかナァと
わざわざバケるでやる必要性があるのかと

またボーナスパーツが無くなったことで不公平感が払拭されたのは評価できる点ですが
クリアパーツと成型色を1色ふやしただけで通常弾バケるの倍額200円はちょっと割高感が強いですね
カナも二倍ですがあっちは二文字で塗装までされてますし

そういった点を踏まえて安価な教育玩具っていうアイデンティティが大分薄くなってるのがちょっと残念かと


ただ1000円の合体ロボとして考えれば、割とというかかなり遊び甲斐はあると思うので、こういったものが好きな人にはオススメです、あくまでよく分からない合体ロボとしてですが



おまけ

輪廻転生バケると、大きさはほぼ同じぐらいですね



以前のレビュー品はこちら