BB戦士 Sガンダム


144のSガンダムから大分時間たっちゃいましたが
一応組み立ててみたので軽くレビュー





1st時代の144キットと同じサイズのパッケージ
お値段も300円と今考えると非常にリーズナブル



しかしリーズナブルなわりには多色成型をランナー2枚分使ってたり
関節はポリキャップだったり、スプリングギミックまでついてたりと
ランナー眺めた時点でおなか一杯ですw





説明書
ちゃんとSガンダムの変形パターンが書かれてますが
キットじゃ当然オミット、まぁリアルタイプでも当時の技術じゃ不可能だったんだから当然ですよね・・



完成!
あ、サーベル付け忘れてる・・
ある程度色分けはされてますが細かい部分は流石に足りません、でも素組みでこれなら十分ですよね
値段が値段ですし

組み立て時間は20分ぐらいですかね、今のキットと違ってタッチゲートじゃないので注意しましょう



昔のSDなんで本当に可動は最低限
ただちょっと肩が開けるので当時のほかのBB戦士よりは若干可動範囲が広いかもしれません



スプリングギミックでミサイルを発射可能だぞ!

これ意外に勢い良く飛ぶんで結構面白いです
ただ子供に持たせるのは確かに危険ですね・・超機動大将軍編から完全に駆逐されたのも分かる気がします




さらにパーツを組み替えることにより




Ex-Sや



Bst装備も可能です

なんというプレイバリュー・・・

やはり当時のBB戦士はあなどれません

ただSDの体型だとExSだろうがBstだろうがあまり変わり映えしないのがw




ということで
BB戦士 Sガンダムでした変形こそしないものの
3形態のコンパチやスプリングギミック等
値段の割にはギミックが凝っていて非常に楽しめました

最近のキットと違って洗練はされてないかもしれませんがw
なんていうか純粋に子供を楽しませようって設計してるなぁ
ってのが感覚的に分かるんですよね

他の当時のBB戦士も欲しくなってきた・・・


以前のレビュー品はこちら