1/100 HG ガンダムエピオン


えぴおん!

なんか4文字だと全部あの漫画っぽく感じるのは自分だけでしょうか

エピ、オン!だとパピヨンっぽいですよねー


ってことで今回はガンダムWより旧キットの
1/100 HG ガンダムエピオン です

当時のHGは今までにハズレが無かった気がするのでコイツも楽しみです
早速見ていきましょう


まずはパッケージ




当時のHGの標準的なパッケージ
フォーマット的には現代のキットと殆ど変わりません

お値段は税抜き1500円とこちらも当時の1/100の平均ですね






ランナーです
意外なことに多色成型は使われていません
しかしながら成型色自体はメッキ含めると6色
色分は十分期待できそうです




説明書です



冊子タイプで機体や作品解説がわりと細かく載ってます


このキットはスナップフィットなので今のキットと同じようにニッパーとデザインナイフだけあれば作れます
ということで完成





組み立て時間は2時間ちょいでした

プロポーション、かなりいいです、マジでカッコイイ
顔がちょっと気になる人は気になるかもですが個人的には全然アリです
今のキットって言っても普通に通用するレベルだと思います


また


部品ごとの色分けもかなり高いレベルになってます
胸部分もジュエルシールだったり
・・足首とか本当によくここまでやったって感じです


付属品です
144キットではオミットされていたエネルギーチューブは軟質の別パーツで付属してくれてます
また当時のHG恒例のボーナスパーツもあり




ヒートロッドは節ごとに可動
ここまで動かすことが出来ますが、マトモに作るとゲート処理が大変そうです
あと単なるプラ軸接続なのでヘタリが非常に怖いですね
今だと新素材かABSになるのかな


クリアパーツのサーベル部は出力の大小で二つ付いてきてくれます
劇中イメージ的には大きいほうだけでもいい気が

続いて可動範囲

肩はここまで上がります
ほぼ90度ですね


肘はここまで
二重関節ですがデザイン上どうしても可動範囲は狭いです
また当時恒例のポリ丸出し関節ですがこちらは逆にデザインがうまいこと誤魔化してくれてます


爪は左右で独立して可動しますが
あまり意味は無い気がします



144では変形ギミックの犠牲になった腰可動もHGではしっかりと再現されてます

続いて下半身



開脚と接地はこのぐらい
当時の平均ぐらいは可動してるんですが
最近のキットと比較しちゃうと、ちょっとここは時代的に厳しいかも


膝と脚の前後はこのぐらい
こっちも時代なりですかね



ただ144キットと比較すると脛部分の可動箇所が増えてたりします
可動自体はあんまり意味ない気がしますが密度感的には大分あがってます


可動を一通り紹介したところで変形させてみましょう

トランスフォーム!





144キットと違って腰アーマーは外さないでOKです
手首を取り外し、シールドを付け替えて完成


かなり単純な変形となってますが
デカイ・・・w

ヒートロッドのボリュームがありすぎてブースにおさまりませんw




オマケのパーツを付けるとこんな感じに

カッコイイかといわれると・・・う〜ん


とりあえず一通りギミック紹介が終わったところでぶんどどしてみましょう











ボリュームが凄い!
けど流石に可動は今のキットと比較しちゃいけませんね
でも普通にカッコイイですこの子



ということで 1/100 HG ガンダムエピオン でした

平成シリーズのHGは基本的にハズレが無い感じなんですが
コイツも例に漏れず非常によく出来てました
可動こそ時代なりですが144キットと比較すると色分けやギミックが物凄いレベルで進化してます
素立ちさせとくだけなら現代のキットって言っても十分通用するキットだと思います

なにより今この値段でこれだけのギミックとボリュームじゃ絶対作れないと思うので
見かけたら是非手にとって見てください




おまけ

値段3倍ですが3倍以上の価値はあると思います


ゼロシステム機体同士、このクオリティとボリュームで3000円
いい時代だったんですね

しかし登場当初パイロット逆じゃね?って思ってたのは自分だけじゃないですよねw



以前のレビュー品はこちら