1/144 ガンダムサンドロックカスタム


5月はじめの旧キットはコイツ
ガンダムWよりEW版の1/144サンドロックです

TV版の144キットは正直あまり出来の良くない印象でしたが
EW版のHGとなってどこまで変わったのか確認していきましょう

では


まずはパッケージ




EW版の箱絵は劇中絵みたいでカッコいいですよね
デザインは現在のHGとかとさほど変わらない仕様になってます

お値段は税抜き800円とTV版から300円UPそれでも
HGと考えればだいぶお買い得プライスだと思います




ランナーです
多色成型で144サイズながら全部で6色も使ってます
パーツもわりと細かめ、これは色分は期待できそうですね

ポリキャップはEWのHG共通のものとなっています




説明書です
劇中設定ほか、サンドロックに関するダイジェストがかかれてます
これ結構細かく書かれてるんで5体全部集めればOVA見なくても十分かもw

このキットはスナップフィットなんで今のキットとまったく同じように組み立て可能です

つーことでサクッと完成




組み立て時間は1時間ちょいでした
プロポーション・・・・滅茶苦茶良いです
TV版の144とは一体なんだったのか・・・・・サンドロックってこんなにかっこよかったけ?
色分けはちょっとシールに頼ってる部分が多いかもしれませんが無塗装でも十分見れますね



ヒートショーテルは取り外し可能


付属品です
武装のほか、劇中再現用の腰パーツが別途付いてきます
なんというブルジョア仕様・・・・



ヒートショーテルは持ち手までパーツで再現されていて見た目を大分改善してますが
接続部はポリではなくプラになってしまうためヘタリが非常に怖く気軽に持たせられません



また設定通りクロスクラッシャーも再現可能
重さで腕のポリが負けるかと思ったんですが組んで直ぐの状態では特に問題ありませんでした

続いて可動範囲

肩はここまであがります



腕はきっちり90度
ただ時代的に仕方ないんですがポリが丸見えになってます



開脚と接地はこんな感じ
開脚はそこそこですが足首の可動がちょっと残念ですかね
それでも時代を考えれば標準以上は動くかと


膝はこのぐらい
こっちはかなり優秀ですね、サイドアーマーやフロントアーマーが干渉しなければ
正座まで出来そうです


腰は干渉しちゃってここまでしか動かせませんが表情付けには十分ですかね

なんていうか時代を考えると標準的な可動のキットな気がします

ぶんどど






サンドロックってこんなにかっこよかったっけ・・?



劇中再現パーツを使えばかなり動きのあるポージングも可能に


ただ見る角度で大分イメージ変わるんで、ちょっと使い方難しいかもw





ということで
1/144 ガンダムサンドロックカスタム でした〜
TV版がアレだったんであまり期待してなかったんですが
実際組んでみると・・・・なんていうかもうこれは別の機体ってぐらい良く出来てる気がします
劇中ギミック再現もよく出来てますし、可動もそこそこ、プロポーションはかなり良しと

時代ゆえのポリキャップ丸出し関節を除けば今見ても全然通用するキットかと
800円とHGブランドにしては価格もお安いので個人的にはかなりオススメキットです



おまけ

このプロポーションの差・・・
ほぼ同一機体だといっても大半の人は信じないと思いますw



以前のレビュー品はこちら