1/144 ガンダムヘビーアームズカスタム


今回の旧キット?はガンダムW EWより
トロワの愛機、ヘビーアームズです

・・・このキット1/144でHGブランドなので旧キットと言っていいのか謎ですが
とりあえずウチのサイトではターンエーまでを旧キット扱いって事にしてるので
気にせずにいきたいと思います

TVシリーズのヘビーアームズの144キットは割りと出来が良かった気がするんですが
このキットはどうでしょうか
では


まずはパッケージ



なんていうか
もう今のHGUCとかの箱デザインと殆ど変わらない気がします
お値段は税抜き800円とTVシリーズと比べると高めですが
HGブランドであることを考えると安いほうですね




ランナーです
成型色は3色、多色成型は使われていません・・
色分はちょっと不安かも
ポリキャップはEWシリーズから導入された新型の物となっていて
TVシリーズとは違っています
地味に嬉しい握り手や平手・・・




説明書です
機体解説のほか
EWのダイジェストが載ってます

このキットはスナップフィットなので今のキットと同じように完成します

ということで完成




組み立て時間は1時間ほどでした
色分けはランナーの時点では不安でしたが成型色とシールで必要十分は色分けされてます
プロポーションはメッチャ良いです、もうまんまカトキさんの画稿のまんまって感じですね
普通にカッコいい・・
今のキットと並べても違和感無いというか、下手したら今のキットのほうがアレな場合もありそうです



付属品です
主に武装展開状態用の差し替えパーツ

ちなみに差し替えしなくても

ここまでは展開可能です



また腕のビームガトリングは背中にも装備可能

続いて可動範囲


肩はここまで上がります



肘はこんな感じ
こちらは90度ぐらいですね、またTVシリーズと同じくポリキャップが丸見えです
ここはHGなんだから何とかしてほしかったかも
ガトリングの保持が不安だったんですが
今のところは何の問題も無く持っていられるので特に心配なさそうです



開脚と接地はこんな感じ
股間や足首のポリキャップはTVシリーズのものより大型のものになってるので
保持力自体は上がってますが可動範囲自体はそこまでは変わらないかも


膝はこのぐらい
二重関節でかなり動きます


また、後ハメできる構成になってたりします
ただこちらもポリが丸見えになっちゃってます・・・まぁ気にしない人はいいんでしょうが
やっぱカバー欲しかったなぁ


腰はここまで可動
表情付けするには十分です


ブンドド






流石にフルオープンだと色分けが厳しいですが
普通にカッコいい
今のキットと並べても違和感が無い気がします




ということで1/144 ガンダムヘビーアームズカスタムでした
プロポーションよし、ギミック良し、値段良しと
EWのキットは1/100の後に1/144が発売されたため設計者の方も気合を入れたとの話を
どっかで聞いた事があったんですが
組んでみて納得の出来でした、時代ゆえにポリ丸見えなのは仕方ないですが
キチンと塗ってあげて関節だけなんとかすれば最新のキットって言っても十分通用するキットだと思います




おまけ


TV版と、近接武装が無くなったEW版は弾が切れるとタダの的
右手じゃなくてもいいから近接武装を残しといて欲しかったってのが個人的感想です

カラーリングはどっちかっていうとレオパルドのが近いですよね




そしてフルオープンすると色が足りなくなるのは
この手の機体のお約束な気が・・

しかしこういった重武装系の機体って被弾したら誘爆して悲惨な事になるんじゃ・・とか野暮なことは考えないほうがいいんでしょうかw


以前のレビュー品はこちら