1/144 R-ジャジャ


今回は久々に144キットをレビューします

ガンダムZZより ∩ ( ゚∀゚)彡 な人が乗ってるR-ジャジャです
144のZZ時代のキットは久々ですね

さっそくいってみましょう

まずはパッケージ





結構大きめのサイズです
平成世代の700円クラスのキットと同じぐらいかな
お値段は税抜き600円と旧キットにしてはお高めになってます




説明書はこんな感じ
劇中設定等が多少かかれてます




ランナーです
4枚とポリキャップ、成型色は2色のみ
元々単純配色ではありますが塗装は必須ですね

またデカールも付属してます、今回も怖いんで貼らずにいきます


このキットは接着が必要となるので
別途接着剤をお買い求めください

そのほかの部分は今のキットと同じように説明書どおり組めば完成です


ということで完成



組み立て時間は1時間ほどでした

プロポーションは・・・ちょっと個人的には微妙
胴体部分が横に広すぎな気がします
色分はランナー状態で予想できてましたが本当に最低限です、頑張って塗装しましょう




特徴的な肩のバインダーはこんな感じで可動します
ただプラ軸の接続の為あまり動かすとヘタレそう



付属武装はビームライフルとサーベル


ライフルはストック部分が可動
銃剣みたいなのは取り外し可能になってます


あとサーベルの柄が別パーツとして付属




こんな感じで鞘みたいなのに収められます


きちんと同サイズになってます

続いて可動範囲

腕はここまで上が・・・・・ってるのかコレw

関節自体はあるんですが肩アーマーが思いっきり干渉します



ただ肩アーマーはポリキャップで取り外し可能になってるので


外してやればここまでは可動します、それでも狭いですね


肘はこのぐらい、こっちはまぁ時代なりには動きます


デザイン的にまたロール軸が無いのかと思ったんですが
コイツは普通に腕のロール軸があるので
なんでやねんのポーズが取れます
ちなみにこのキット左側の手首はこの突っ込み仕様しかついてません

しかし腕のロール軸がある旧キットって久々な気がするw




さらに肩は前後可動も可能になってます


上半身はこんなとこですかね

続いて下半身



開脚と接地はこんな感じ
開脚だけなら結構優秀です、接地はあまりよくないかな




脚の前後と膝・・・・
ええと、これで目いっぱい動かしてるんですよ・・・
膝が致命的ですね、正直あっても無くても変わらないレベルの可動です

なんか全体的に可動は残念そうですが
がんばってぶんどど










・・・・
う〜んどうなんだろうコレ



ということで1/144 R-ジャジャでした
ボリュームはあるんですが、正直それだけっていう感じですかねぇ

乗ってる人もアレですし
キットとしてもあまりおススメは出来ないかも

ただ、今現在R-ジャジャのキットってコレしかないんですよね
色々とスキルアップしたい人にはおススメのキットかもしれませんw


以前のレビュー品はこちら