1/220 メッサーラ


木星帰りのあの人が設計した機体をレビューしたいと思います
つーか最近Zの1/220キットばかりのような・・・

軒並み出来が残念な気がするんですが
このキットはどうでしょうか



まずはパッケージ




1st時代の144キットと大体同じサイズ
1/220スケールですがパッケージサイズはジム2と同じでした
お値段もジム2と同じ税抜き400円




説明書はこんな感じ



ランナー
成型色は相変わらず1色ですが
今まで紹介してきた1/220キットと違いポリ関節に
そしてスナップフィットでは無く接着が必要な仕様になってます

ということでこのキットは接着剤が必要となりますんで
別途お買い求めください

他の部分は今のキットと変わらず説明書どおりに組めば完成します



つーことで完成
組み立て時間は30分ほどでした
プロポーションは個人的には結構良い部類だと思います
色分けは・・・ウン、頑張って塗装の練習代にしましょう



付属品はビームサーベルのみ




脚のスラスター偏向板みたいなのや足首の後ろ側の爪みたいなのは
変形の都合もあって可動するようになってます


さらに背中のブースターも基部で可動可能
ただ関節はプラ軸なので、あまり動かすとヘタレそうです

そして、このキットには変形機構も再現されてるらしいので軽く紹介




とりあえずそれっぽい位置にパーツを移動するだけで完成です
これは変形といっていいのだろうか・・
ちなみにMA形態で自立は不可能なので別売のスタンドが必須です


続いて可動範囲


腕はこのぐらいまで上がります




そして肘関節はこのぐらい・・デザイン的に範囲が狭いのは仕方ないですね
このサイズでもポリ関節なのは評価できます

ただ残念なことに腕のロールが存在しません、Zのキットってこれ結構多いですよね
ホント惜しいなぁ、ただ手首が回転するため今まで紹介してきた1/220キットよりは
まだポージングできそうです



開脚と接地はこのぐらい
デザインを考えれば優秀かと


膝と脚の前後はこのぐらい、こっちも時代なりとは言え
それなりには動いてくれます

ロール軸以外は1/220としなくても結構良い感じな気がします


ということでぶんどど











値段を考えると割りといい気がします


つーことで1/220メッサーラでした

元々が簡易なデザインとは言え一応変形も再現
関節もブースター以外の主要関節はほぼポリキャップ
可動自体はデザインの関係もありますが、個人的な不満点は肘のロール軸が無いぐらいしか無かったです
値段も安いし1/220キットの中ではおススメできる部類のものだと思います


おまけ


Zやマーク2と
100円違うだけでクオリティにも偉い差が

しかしギャプランとかとサイズ比率考えると
当時でも1000円ぐらいなら144キットが出せたんではないでしょうか・・



以前のレビュー品はこちら