1/144 HGAC ウイングガンダムゼロ


HGの最新作
ウイングゼロを買ってきたので早速組みました〜
これで平成テレ朝ガンダム後期主人後機はコンプですね
最新キットなんで軽く紹介

パッケージ
標準的なHGサイズです
お値段は税抜き1600円と最近のAGPのHGとしては高いほうになるかな




早速完成
色分けは最新キットらしく完璧です

スミイレするだけで十分かと

合わせ目も殆ど気にならないですね
腕の分割方法とか凄く良く考えられます
ただ、腕をそこまでやるなら脛の分割ラインもセンターからずらしてくれればよかったのに・・


プロポーションは・・好み分かれるかもしれませんが
個人的にはバリ絵っぽくて好きです
羽のヒンジ以外は

ここだけホント残念、せめて内側につけて欲しかったですね



胸のサーチアイはクリアパーツで再現



肩アーマーとバーニアは設定どおりに可動
ただサーベルの柄の収納ギミックはオミットされてます
どうせ開くなら付けて欲しかった所


マシンキャノンは白いパーツを取り外すと中に造形されてます
ちっちゃい・・


付属武装はこんな感じ
シールドの色分けが凄い


ツインバスターライフルは設定通り分割可能、
シールドも伸縮可能と一通りギミックは再現されてるみたいです

続いて可動範囲


肩と肘はこのぐらい
最新キットらしく良く動きます


肩もAGPのポリで良く動くんですが
腕のポロリがちょっと多いです
ガシガシ弄ってるとちょっとストレス


このポリが奥にはまりこんじゃうのが原因なんで
対策は簡単に出来そうです


開脚と接地はこのぐらい
開脚は最近の軸関節なんで可動範囲自体は広いんですが
腰アーマーのデザイン上、干渉箇所がデカイです

足首は変形ギミックもあってかそこまで接地性は高くないかも


膝はこのぐらい
普通に膝立ちできます


羽は展開した後



こんな感じで可動するようになってます
このギミックのせいでヒンジが外に出たんじゃないかと邪推します


そしてネオバード形態へ変形




こんな感じで



足首だけは足首ごと差し替えになりますが
なぜかバーニアパーツだけ共通のものを使ってるので
そのパーツだけわざわざMS形態の足首から取り外して使わなければいけません

どうせ差し替えにするならそれぐらい付属してくれても・・




まぁそんな感じで
ネオバード形態完成
こちらもプロポーション良好ですね




腰裏にネオバード形態用のスタンド穴があるので
スタンドがあればこんな感じでディスプレイも可能


ぶんどど
















やっぱ最新キットはよく動きますね
当時世代としては感涙もんです
まぁ動きすぎて腕や腰のBJがよくポロリしたりするんですが

そこはご愛嬌でしょうw



ということで
1/144 HGAC ウイングガンダムゼロ でした

個人的に一番気になったのは羽のヒンジですね
そのアレンジはどうかと・・・どうも玩具玩具してて

変形時の差し替えを無くす為だとは思うんですが
足首は差し替えだったりするチグハグさもちょっと気になります
あとバーニアパーツ・・・とポロリしやすい仕様

とまぁ細かい不満もありますが

全体通してみれば広い可動範囲、優れた色分け、合わせ目殆ど気にならないパーツ割りと
最新キットならではの非常に出来が良いキットだと思うんで
ヒンジが気にならない人にはおススメです


そういえば旧キットのウイングゼロって羽は差し替えで、足首は差し替え無しで変形できるっていう
HGとまったく逆の仕様だった気が
まだレビューしてなかったんで買って比較してみるのもいいかな

以前のレビュー品はこちら