1/144 ギャプラン

メタスに続き、今回もZガンダムシリーズからの旧キット

1/144 ギャプラン をレビューしたいと思います
メタス同様にこのサイズで変形を再現してるモデルのようですが
キットの出来はどうでしょう


では


まずはパッケージ



お値段税抜き700円と144キットにしてはちょっとお高め



説明書です
劇中設定が多少かかれてます
ロケットブースター等の解説もありますが、このキットには付属してない模様






ランナーです
3枚プラスαにポリキャップって感じですかね
パーツは当時としては多いほうかと
成型色は二色、色分けは期待しちゃ駄目かもしれません

このキットは接着剤が必要となりますので別途お買い求めください

他は今のキットと同様に説明書どおり組めば完成します

ってことで完成



コメでも指摘ありましたが腰アーマーの接着が左右間違ってます

接着されてるし写真取り直す気力もないのでそのまま続けます

皆も組み立てるときには説明書をちゃんと読もうね!(爆


組み立て時間は1時間30ほどでした、可変機なんでパーツが細かいです
プロポーションは、個人的には結構良いほうだと思います
バインダーがプラ軸接続でヘタレてるからだらしなく見えますが
ちゃんと保持できてればかなり見た目が良くなるかと

色分けは・・・まぁ必要最低限ですね
それでも胸ダクトやバーニア類など
塗り分けが面倒そうな箇所はパーツ分割されているので、細部塗装は楽かも



付属品はビームサーベル
二本もついてきます、メタスには無かったのに・・


続いて可動範囲


デザイン的に首は固定かと思ったんですが
変形機構の恩恵もあってか結構左右に振れます





腕のバインダーは結構フレキシブルに可動
ただ下腕とバインダーの接続パーツの軸がプラ接続のため
前述したように直ぐヘタっちゃいます、組むときにここだけは対策したほうがいいかも
他の部分はポリ接続なんで問題なさそうです


肩はここまであがります
変形機構の恩恵で二重関節っぽくなってます、ただバインダーが干渉しちゃいますね
まぁちょっとずらしてやればいいだけなんですが


肘はこのぐらい、当時の平均ぐらいは動いてるかな

ただ腕のロールがありません・・・個人的にこのキット最大の不満点


肘が内側にしか曲げれないのはやっぱり厳しいですね
でもそこを除けば上半身は結構優秀な部類かと

続いて下半身


開脚と接地はこのぐらい・・・ですが


変形機構の恩恵で腰アーマーごと開脚できるので
現代のキットと同じ用に180度まで開けます、ちょっと違和感あるかもしれませんがw


接地は残念ですが足首はロールが可能


膝と前後はそれなりですね

下半身も結構優秀です、このキット


ということでぶんどど








普通にカッコいいぞコレw
ホント腕がロールしないのだけが悔やまれます
ここだけあれば言うこと無かったのに

なんかMS形態で満足しちゃうぐらい
可動も優秀ですが、このキットの醍醐味はなんと言っても変形でしょう
ということで
続いて変形ギミック紹介



ここから










こんな感じで





完全変形!!

メタスと違い、手首を取り外す必要もありませんので文字通り完全変形です
プロポーションもそう悪くありません


なにげにバーニア類は全部別パーツ・・・素晴らしい




ということで
1/144 ギャプラン でした
全体的に見れば今見てもかなり優秀なキットだと思います
プロポーションや可動もそこそこ、色分けしやすいパーツ分割、そしてなにより完全変形ってのは中々です
時代ゆえの保持力等の問題はありますが、そこは簡単に対処できるので

ただ腕のロールが無いっていうのは今のキットに慣れてる人にはつらいかもしれませんね
保持力の問題であえて追加しなかったのかもしれませんが
個人的にはそこだけが不満でした、ホントそこぐらいしか不満点が無いかなりの良キットだと思います

以前のレビュー品はこちら