1/144 メタス

いや〜雪ヤバス・・


ということで雪で全く動けないので
引きこもって旧キットを作りました・・いつもと変わらないとか言う突っ込みは無しでお願いしますw


今回はZガンダムより1/144メタスです
このサイズながら変形を再現してる意欲的なモデルみたいですが
キットの出来はどうでしょう
では



まずはパッケージ




こんな感じのデザイン
定価は税抜きで700円と
144キットとしては結構お高め





ランナーです
3枚とポリキャップ
パーツは割りと多めかな
成型色は2色しかありませんが、元々配色が単純だから
そこまで気にしなくてもいいかもしれません



説明書です
劇中設定が多少かかれてます


このキットは接着剤が必要となるので別途お買い求めください
他の部分は今のキットと同様に説明書どおり組めば完成します


ということで完成



組み立て時間は1時間程度でした
この時代の144キットの平均的な時間だと思ってもらえれば

プロポーションは・・・・どうなんだろうコレ
元から人型から離れてるから、なんとも言えません

個人的にはアリだとはおもいますが、腕が凄い窮屈そうですw
色分けはまぁ・・結構足りない部分も多いんですが
単純配色なので細部だけ塗ってやればそこそこに見えるかな・・



ちなみにこのキットに付属品はありません



武装は展開タイプのコイツのみ
差し替えなしでグリップ展開が可能になってます


続いて可動範囲

肩はこのぐらい・・・・殆ど開けません
さらに頭部は接着仕様のため動かせません


また腕のロール軸が肩の開きより上のため
動かしづらいかも



今のキットに慣れてると違和感ありますよね



肘は変形機構の恩恵もあって中々優秀ですが
前述したようにロール軸の関係でポージングしづらい




開脚と接地はこのぐらい
こっちも時代なりですかね



膝や足の前後はこんな感じ
変形機構の恩恵で逆関節にもできたり
可動範囲自体も狭くありません

でも全体的には可動は残念な部類ですかね

それでもぶんどど







まぁ時代なりですかね
腕は変形ギミック上仕方ないにしても
せめて頭は可動してほしかったかも

まぁ可動じゃなくてこのキットは変形ギミックがメインなんでしょう
ということで続いて変形ギミック紹介









こんな感じで手首のみ取り外すだけで後は差し替え無しで変形できます

地味に変形後の脚の位置決め用にポリキャップが使われていて
この時代のキットながら変形後がかっちりとロックされます
これは良いですね



プロポーションも中々
メタスにいたってはこっちで飾っとくほうがいいかもしれません



地味に細かい部分のデティールもしっかりしてます
足裏や脚の装甲裏にもモールドが入ってたりと
本当にこっちがメイン形態なんだなぁとw



ということで 1/144 メタス でした〜

可動は時代なりですが
なんといってもメインは変形ギミックでしょう
単純変形とは言え
この時代のキットながらロック機構等でストレス無く変形できるのは特筆もんだと思います
最近のキットでもきちんと変形できないやつとかもありますし・・

ちょっとお値段はお高めですが個人的にはおススメできるキットだと思います






おまけ・・・・じゃないかも


上がF値絞って撮ったもの、下がF値開いて撮った写真なんですが

上の写真に亡霊が映りこんでいるのがお分かりいただけるだろうか?


もといセンサ素子上に埃が・・・/(^o^)\ナンテコッタイ
というかレビュー写真でも映り込んでますね

まだ3ヶ月も経ってないのにorz
レンズがデカイと埃入りやすいんですかねぇ


保障効くかなコレ・・・



以前のレビュー品はこちら