1/100 リックディアス


久々の旧キットレビュー

今回はZガンダムより1/100 リックディアスをレビューしようと思います


まずはパッケージ




税抜き1200円と
Z当時の1/100としては平均的価格ですかね







ランナーは全部で6枚とポリキャップ
パーツは結構細かめですね
成型色は3色ですが、もともとそこまで複雑な配色でも無いので
これでも充分そうです


さらにデカールも付属
今回も例のごとく貼りませんが・・・
あと、当時ものらしく接着剤が入ってました
今回は袋にきちんと入ってたので液漏れの心配も無さそうです・・・ヨカッタ

あ、余談ですが接着剤以外にもランナー入ってる袋がホチキス止めのものだと、かなり古いものになるみたいです






説明書はこんな感じ
劇中設定等が一部かかれてます


このキットは今のキットと違い接着が必要です
今回は接着剤が付属してましたが
多分、再販版には付属してないと思うので別途お買い求めください

他の組立ては今のキットと同じ、説明書どおり組めば完成します




ということで完成〜

組み立て時間は2時間ほどでした
プロポーション、色分けともに高いレベルでまとまってると思います


地味に見えないところも色分けされてたり、パイプ類は殆どポリキャップで再現されてたりします



付属武装です
ビームサーベルとクレイバズーカ


とビームピストル



設定どおり
バズーカやピストルは背中にマウントすることも可能
またデザインの恩恵でバインダーはクランク軸で可動するタイプになっているので腕の干渉を逃がせます


続いて可動範囲



頭部は完全固定ですが
モノアイは自由に可動
ただ若干動きすぎてきちんと位置決めしづらいです
またバルカンファランクスは開閉選択式で組み立てる方式です
144では開いた状態で組んだので今回は閉じた状態でいきました




肩はここまで・・・しか開けません
構造的には144キットより複雑になってるんですが可動範囲は残念ですね
見た目を優先したんでしょう、ついでに書くと強度的にも凄い不安です
普通に腕あげるだけでも基部からポッキリ逝きそう・・



肘はこのぐらい・・・・うん
見た目を(ry




指は親指以外が4本それぞれ可動するタイプ
金属シャフトを介してますが、保持力は・・・うん
きちんと握れないのもこの時代のクオリティですね




なんか上半身は色々残念なんですが
肩の前後は結構動きます、ここだけかな

そして下半身


開脚と接地は結構優秀です



八の字可動も可能、こっちも結構優秀


脚の前後や膝はこんな感じ・・・・ウン



ええと
可動範囲は結構残念そうですが
それでもぶんどど








もうちょい動いてくれればなぁ


ということで 1/100 リックディアス
した
可動範囲は今の目で見れば厳しいですが
プロポーション、色分け等は今の目で見ても全然良いキットなので
きちんと塗装して素立ちの状態で飾ってやれば今のキットと並べても違和感無い気がします

また、ボリュームの割りに値段も安いので個人的にはおススメです
安いのって素晴らしい



あ、あと1/48クワトロ大尉も付属してます

MG付属のフィギュアとかと比較すると技術の進歩ってスゲーって実感できますね


以前のレビュー品はこちら