ギガほねほねザウルス 第3弾

新年一発目のレビューはこちら


カバヤのギガほねほねザウルスの第3弾です

ほねほねザウルス通常弾の約3倍を謳う巨大ほねほねザウルス第3シリーズになります
これも基地に続いて定番になりつつありますね


ということでレビュー行きます


まずはパッケージですね


全4種類で税抜き価格各500円と食玩らしからぬ高価格になってます
年末年始スペシャル仕様ですね

箱のサイズは当然通常弾よりかなり大きめです
組立はスナップフィットですがバンダイみたくタッチゲート仕様ではないので
ニッパー等が必要になります

そこまで組立は複雑じゃないので割と簡単に完成するかと
ちなみに前弾までは組立説明書とパーツに番号が振ってあったんですが
今回から無くなってます

組立時間は各30分ぐらいですかね

ということで紹介していきましょう
まずは1番



1、ギガアロサウルス

アロサウルスです
今回の一番人気枠かな


可動はコンナ感じ
通常弾と比べて関節がかなり増えているので豊かな表情付が可能になってます


そして今回も例によってスペシャルパーツが付属してきます
ギガアロサウルスにはこれが付属

赤いパーツはクリアパーツですが
残念ながらスペシャルパーツは全て蓄光パーツではありません


しかし、どっからどうみてもブキボ(ry



アロサウルスに装備するとコンナ感じに

500円だけあってかなりのボリューム


続いて
2、ギガペンタケラトプス

今回の角竜枠
3弾にして早くもマイナー恐竜に(個人的主観)


こちらもある程度の表情付が可能
ただ関節自体は第一弾や第二弾と比較すると大分簡略化されてます


付属スペシャルパーツ
ハンマーかな


装備するとコンナ感じに


次に
3、ギガセイスモサウルス

今回の首長枠
仕方ないんですが凄く・・・細長いです
実際だと今回の中では一番巨大な筈ですがボリューム的には一番残念なことになってるかもしれません


首や尻尾は接続軸ごとに可動するのでかなり動きます


付属スペシャルパーツ


縦方向には長いんですが
やっぱりボリューム不足を感じさせます

最後に
4、ギガスピノサウルス

肉食枠その2ですな
今回の二番人気かな


こちらもかなり動きます


付属スペシャルパーツ
剣・・・やっぱこれ色合い的にも武器ボーグにしか・・


装備するとコンナ感じです


そして例のごとくスペシャルパーツを全て集めることによって
秘密のなんちゃらが出来上がったりします


並べると完全にブキボーグですな

これらを分解して合体!

ギガほねほねクアッドドラゴンになります!

どこらへんがほねほねなのかがわかりませんがw



首の接続軸はわりとフレキシブルに動きます、ドラゴンはそれぞれ口の開閉が可能と
こちらもある程度の表情付は可能になってます

これ自体も結構ボリュームあるっちゃあるんですが

弾や2弾のと比較するとちょっと小さいかも・・


ってことでギガほねほねザウルス第3弾でした〜
500円という値段を考えるとボリュームを考えても納得の出来だと思います

流石に子供が全部買うってのは無理のある価格設定ではありますが
例に漏れず、単体でも遊べて、全種集めることでさらに連動という安心のカバヤ仕様なので
安心してオススメできますね

2014年も当ブログはカバヤ食品を応援したいと思いますw



ただ1弾や2弾に比べるとちょっと弾を重ねることに小さくなってる気がしたのは残念ですかね
ここらへんは円安の影響も出てるんでしょう
っていうかやっぱ1弾がやりすぎなだけだった気も・・





オマケ

それぞれの大きさの対比はこのぐらい


4体だと撮影ブースに収まる限界ぐらいのサイズです
っていうか収まってない気もします


小さくなったと言ってもこのサイズなので
まだ食玩の中では大分デカい部類なのです

以前のレビュー品はこちら