勇者伝説 ブレイブガム 第2弾

カバヤさんはマジで頭がオカシイんではないかと思う今日このごろ


ようやく第二弾を入手したのでレビューしたいと思います

勇者ガム復活から早1年以上
ようやく第二弾の登場です
一弾の出来も素晴らしいものでしたが
今回はどうでしょう


って一番最初に総評書いちゃってますがw
以下.詳しくご紹介〜
あ、画像めっちゃ多いですがご勘弁を


カバヤさんの食玩は箱買いが基本です
ランダム封入じゃないのは本当に有難い


パッケージはこんな感じ
今回のラインナップはマイトガイン、ドラゴンカイザー、シルバリオンの3種類
どれも滅茶苦茶カッコいい、勇者世代なんで主観だいぶはいってるかもしれませんがw

お値段は各300円


まずはマイトガインから


今回から箱横の説明が作品説明ではなく機体に対する解説になっています
まぁシルバリオンいるからでしょうね


説明書とランナー
パッケージ裏が説明書になってるのは相変わらずです、細かいw
そしてランナー、なんと5色成形で50近いパーツ数
もうこの時点で如何にカバヤが狂ってる(イイ意味で)のかとお分かりいただけるかと思いますw


そしてモールドもしっかり入ってたりします・・・もうコレ、プラモとして売ればいいんじゃないかな

組立はスナップフィットなんですが上記のパーツ数のため、細かさが半端無い上、相変わらずのシール地獄です

冗談抜きで組立時間が1時間近くかかりましたw



ということで完成です
成型色とシールで色分けはほぼ完璧ですな

追記:コメで指摘がありましたとおりロコモライザーのマイトガイン時太もも上になる部分のシールを貼り忘れてます・・・実際貼ると赤い部分が見えなくなります、っていうか気づいてない人多いんでは、組んじゃった人も要チェックです!


ガインとマイトウイングは劇中どおり同サイズ


マイトウイングは差し替えで超電導ジェットモードに変形可能
ガインはなんと差し替えなしで変形します・・・・微妙に変形方法がアレンジされてますが
それでも凄い、っていうかバカヤ・・・


さらにDXであったロコモライザーの武器を装備する仕様も再現
これ本来は転倒防止のためにつけるものなんですがガムではただ付いてるだけですね


ただ残念ながらロコモライザーへの収納ギミックはオミットされています
まぁ劇中でもあんまし使わなかったですしね
っていうか足裏に謎の接続穴が見えますね・・・一体何にツカウンダロウナー


そして


レッツ・マイトガイン!
マイトガイン、レッツゴー〜マイトガイン♪
いまこ〜そー(Ry



腕はこんな感じで

差し替えなしで変形可能


さらにロコモライザーも差し替えなしで変形します

秀逸なのはマイトガイン頭部の収納方法


当時のDXと違いどんでん返し式になってます
これによりプロポーションと完全変形の両立を果たしています
いや、ホント頭オカシイんじゃないの設計者さん


ということで


銀のつばさに


のぞみをのせて


灯せ平和の青信号!


勇者特急マイトガイン!定刻通りにただいま到着!!
プロポーションは言わずもがな
色分けもほぼ完璧です
っていうかこれが300円って・・・もう一生カバヤについていきたいと思います


背面は流石にコストを感じさせますが
DXでも電池ボックスですしね


さらに武器として動輪剣が付属します


下半身はあれですが
上の名乗りポーズができるぐらい上半身の可動が優秀なので
今までの勇者ガムの中で一番動きます

っていうか当時のDXよりも可動する気が・・・
ちなみにこれで300円、当時のガムの300円モデルが変形しなかったのや200円モデルが凄い簡易変形だったのを考えると
物価があがってるのって本当なのかとか考えたくなります・・材質も違いますが
とりあえずカバヤ様がすごいってことだけは理解できますw

なんかもうマイトガインだけ紹介しただけでもお腹いっぱいなんですが
続いてドラゴンカイザーに行きたいと思います


パッケージ


説明書とランナーです


こちらもモールドがしっかり掘られてるんで塗装派にも安心


パーツ数はマイトガインほどじゃないにせよ
単純変形のわりには、恐ろしい細かさです
この無駄なパーツの細かさは第一弾との連携のためでしょうね、ただ説明書や箱では一切触れられていません


組立はマイトガインほどはかかりませんでしたがそれでも50分近く要したと思います
というかヒンジの組立が多いのでちっちゃい子には組みづらいかも



ドラゴンジェ〜ット!


非変形のエクスカイザーが付属するので



こんな感じでナスカの地上絵を見に行ったり出来ます

そして


フォーム・アップ!


巨大合体・ドラゴンカイザー!

プロポーションは旧DX玩具よりも遥かにいいですね
MP基準かと、色分けもかなり頑張ってます


武器としてグレートエクスカイザーソードが付属


可動は膝がちょい可動、腕が上がるぐらいなんで
最低限しかできませんね
ただDX同様ドラゴンアーチェリーは分離可能、さらに説明書には書かれてませんがソードと合体可能です


さて、ここから一弾と比較


エクスカイザー同士で



足をたたんでやれば、一弾のエクスカイザーでもフォームアップ可能


キングエクスカイザーと、両方共MPを参考にしてるんですかね

ここからは説明書には載ってないんで正確かどうかはわかりませんがグレート合体のご紹介を


こんな感じでドラゴンのを分解


この状態に


それをキングエクスカイザーの下腕の部分を取り外したものへ
装着して完成!
可動はエクスカイザーに準じますが
ポロリが酷くて、ガシガシいじろうって気にはなりませんw
肩パーツとか恐ろしく細いクランクパーツの片軸で支えてるだけなんで
かなり遊びづらいです・・



そして残念ながら余剰がこんだけ出ちゃいます
MPや旧玩具と一緒だったらドラゴンの腕は背中側に回して付けておくのが正しいんですが
それだとキャノンが肩に付けれないんですよね
肩に意味のないジョイントがあるんですが緩すぎてキャノンが保持できない・・・仕方なく
腕のジョイントにむりやり付けてる感じになります、これジョイント径間違えただけな気もします


まぁ無理矢理余剰なしとかを考えるのも、またよろしいかとw


そして最後にシルバリオン


パッケージ


説明書がマイトガイン以上に細かいことに
成型色は4色
当時の食玩だと600円でも3色ぐらいだった気が


ランナーのモールドは職人技としか思えません


組立時間はマイトガイン同様1時間近くかかりました
っていうかこれ6才以上どころかプラモつくり慣れてない大人でも厳しい気がしますw



ということで

黄金の力守りし勇者よ、今こそ蘇り我が前に現れ出てよ!


空の騎士ジェットシルバー!


星の騎士スターシルバー!


大地の騎士ドリルシルバー!



シルバーナイツ見参!

恐ろしいことにこんなサイズで各々完全変形を再現してます
ジェットシルバーに至っては首の伸縮とかなしでも十分なのに・・・わざわざ
いや、ホント、マジで頭オカシイw


さらに

シルバーナイツ・フォームアップ!!




白銀合体!シルバリオン

当然のようにここも差し替えなしで変形合体可能


背面

劇中だと、まだ敵だったワルターから合体することを教えられるっていう
ギャグ勇者ならではの初登場でした


可動はこの程度
残念ながら武装類がオミットされちゃってるんで締まりませんが

内容考えればオミットされても仕方ないかと
っていうか300円の食玩なんだよな・・・これ



つーことでブレイブガム第二弾でした

なんというか、狂気すら感じるクオリティでした
300円というコストの中でできる限界を超えてるかと
コストパフォーマンスを考えたら今現在、最強の食玩ではないかと思いますんで
勇者好き、当時世代には間違い無くオススメです



っていうか是非お布施してください
当ブログはカバヤ食品を応援していますw

今後もこの調子でファイバードとかデュークとか出してもらえれば凄く嬉しいですが

これ本来のターゲットである対象年齢6才以上ってのはどう考えても罠ですw
プラモ慣れしてる自分でもちょいきつかったので・・・っていうかドラゴンは既に犠牲に
一部ポロリとかも酷いものがあるので

これから買おうって人はそこんところ覚悟して買いましょうw

っていうか、このクオリティだったらどこかの大企業みたく分割で大きくしてくれてもいいかもとか思ったり
DX 勇者ガムとか出してくれても・・・


そういえばサンライズ公式ツイートで二弾を持ってるとイイ事あるかも、とかつぶやいてるらしいんで
マイトカイザーはほぼ確定なのかな

欲を言えば発売ペースをもう少し早くして欲しいかも



おまけ

DXと比較

本当はMP版とくらべるべきなんでしょうが
持ってないんですよね・・・
あれはどう考えても出すのが5年ほど早すぎたかと


シルバリオン
こいつは出来の割に当時のDXが結構お買い得なプライスで買えるのでオススメです
不人気ぇ、個人的にゴルドランって一番好きな勇者なんですがね



マイトガイ
どう考えてもグレート用にバランス調整されてますよねコレw



小ロボのサイズ
カバヤさんってマジで何メーカーだっけw




最後に全ブレイブガムと
TFガムみたく年2ペースぐらいになってくれることを切に願います
メジャーになるといいなぁ

以前のレビュー品はこちら