HGAC ガンダムW


新キットは基本的にレビューしない気でいたんですが
こいつは別です、直撃世代ですし・・・

それに、なんたってHGオールガンダムプロジェクトの第一弾ですよ第一弾

個人的に共通関節の仕様とかがどうなるのかが凄い気になって
つい買ってしまったわけです


つーことで新キットなので軽くレビューしたいと思います

パッケージ
税抜き1500円と当時の1/100HGと同じですね
サイズも大体同じぐらいかな


ランナー
多色成形が使われていないですが成形色自体は6色、パーツは値段の割には少なめな気もします
組立易さ重視ですかね
グレーの関節パーツはABS・・・・じゃない、素材を見る限り普通のプラだし

ひょっとしてこれってただのプラ関節ですぐユルユルになってしまうのでは・・・・


まぁ組む前に気にしても仕方がないのでとっとと組みましょう


1時間ちょいで完成
RG以来の最新キットですが、組立易さが凄い上がってますね
合わせ目が頭とライフルにしか来ないのも凄いですが、個人的にゲート跡が極力気にならない位置にくるのと
気になる位置のゲートはきちんと形状が違ってるところに感動しました、HGクラスでここまでなるとは

出来のほうは、プロポーション色分けともに申し分ないですね
墨入れしてやるだけでそれなりに見えます


可動範囲も旧キットから考えると凄いとしか言えないw
共通関節の弊害を気にしていたんですが杞憂に終わったようです


当時のHGでも再現されなかったシールド展開ギミックも再現


ちなみにサーベルはビーム部分が2つついてきますが、ウイングは柄が設定上ひとつしかありません
実質オマケみたいなもんですな


変形は手首のみ取り外しで再現となってます
腰の位置決め以外はロック機構とかはありませんが、そこまで複雑な変形じゃないのでそこそこカッチリしてます
バードモード用のスタンド用穴も腰にあるので斜め飛行とかのポージングも可能
また、シールドが曲がるため、当時じゃどうなってるかよくわからなかった変形途中の再現も可能です


そしてMSモードでぶんどど


すっごい動くよ!!
スタンドがあれば種ポーズとかも恐ろしくキマリます
凄く・・・かっこいいです・・


ということでHGAC ウイングガンダムでした

オールガンダムプロジェクトの第一弾ってことで
期待半分で買ってみたわけですが、良い意味で裏切られました
次のDXが楽しみでなりません

そして一番気になってた関節強度なんですが、今の段階では特に問題無さそうです
完全に杞憂でしたね
というか気になって調べてみたら今年初期から使われてる新素材のプラなんですね、これ
全然知らなかった・・・

というかこの素材で旧キット再販してくれれば関節のヘタリの心配がなくなるのでは・・・?
色的な問題や原料の問題もあるでしょうから難しいのは分かりますが
バンダイさんどうでしょう(チラっ

以前のレビュー品はこちら