1/100 ゾゴック

やっぱHGも最近発売されたゾゴックの旧キットをレビューしたいと思います



1stシリーズでもキワモノ中のキワモノかと思うんですが
UCとかで動いてるとやたらカッコいいんですよね

水物系の旧キットの1/100はわりと出来のイイものが多かったんですが
コイツはどうでしょう

では


まずはパッケージ
ズゴックの1/100とかと同じサイズですね、そしてパッケージにズゴックの亡霊がw

お値段は税抜き800円と当時の1/100としては平均的



ランナーです
3枚で3色成形、そこまで細かく無いですが色分けは期待できるかも



説明書は二枚折
やはりランナーに直接塗装指示が


このキットは組立に接着剤が必要です
他は今のキットと変わりません

ってことで完成


組立時間は1時間30ぐらいでした
プロポーションは・・・いいんじゃないでしょうか?
元々人型からはちょっと離れてるフォルムなんで人によって感じ方が違うかとは思いますが

色分けは素晴らしいですな、昨今のキットと比べてもそう遜色ない気がします
細部塗装だけで十分いけそう


特徴的なバックパックはかなりのパーツ数で再現してます


頭のカッターは接着仕様なんで取り外し不可
一個一個別パーツなんでマトモに作ると結構処理が大変そうです

ちなみにこのキット、付属武装がありません
ジオン水泳部は基本的にそうですよね


装備がない代わりと言ってはアレですが
腕には伸縮ギミックが
つっても殆んど見た目が変わりません、やっぱHGみたく差し替えにしなきゃ伸びてる感じは再現できない気がします


可動範囲です


肩はここまでしか上がりません・・・



そして肘は何故かこの方向にしか可動しません・・
上腕にロール軸もないので、実質殆んど動かないと言ってもいいかもしれません
っていうか伸縮ギミックよりこっちを優先して欲しかった



基部はちゃんと回転可能
ちなみに初代1/100ガンダムみたく6角形のなんちゃってラチェット関節になってるので
保持力の心配は少なそうです


開脚と接地は・・・
って開脚できませんコイツ


かといって膝や足首の可動範囲が広いかというと

そんなことは無いですな
しかも殆んど動かない上に保持力が皆無です



代わりにロール軸があるので素立ちだけならなんとか
下半身の仕様は1/100ゴッグと殆んど同じみたいです
あっちよりも可動範囲は狭いですが


基部はこちらもラチェット関節、基部だけ調整してもなぁって感じが
ひしひしと

基本的に可動させることは考えられてないキットな気がしますが

とりあえずブンドド

うーん・・・・この
殆んど動かないんですが、なんとも言えない脱力感がたまりませんw


つーことで
1/100 ゾゴック でした〜
可動範囲だけで見ると、今までレビューしてきたジオン水泳部の中ではかなり出来の悪い部類に入っちゃうかなぁって感じですが
色分けは素晴らしいです、また値段も安いので気になった方は手にとってみてはどうでしょうか


やっぱお座りポーズが一番しっくりくる気がする・・・

以前のレビュー品はこちら