1/144 リックディアス

久々の旧キット
今回は1/144のリックディアスをレビューしたいと思います


流石にこれをガンマガンダムというのには違和感がありますよね

γガンダムさんの中身はどうでしょうか

では


まずはパッケージから

パッケージサイズは当時の1/144キットより平べったい感じ
それでも当時としてはお高めの税抜き700円になってます



説明書はこんな感じ


ちなみに


コイツも多分、当時品でした



ランナーはこんな感じ
パーツ数は結構多めですね、成型色は2色、最低限の色分けぐらいはされてそうです


組立は付属の接着剤が物語るとおり、接着が必要です

他の部分は今のキットとそう変わらないですかね


ってことで完成

組立時間は1時間ぐらいでした、意外に細かいんですよね
プロポーションは結構いいんじゃないでしょうか


バーニア類やパイプ類が別パーツ再現になってるなど
色分けも最低限はされてる模様、まぁ本当に最低限なんで塗装必須なのには変わりありませんが・・


付属品です
ライフル、バズーカ、サーベルが付属


バズーカはこのようにバックパックにマウント可能



バックパックのビーム砲やバインダーは可動可能です
地味に両方ともポリキャップ接続という無駄な拘りっぷりw

余談ですがエウティタだとこの武装ばっか使ってた記憶が、不意打ちってイイよね





頭部のバルカンファランクスは開閉の選択式で再現
今回は開いた状態にしました
あとモノアイ?も別パーツで可動可能になってます

でも塗装したあとに動かすと確実に塗膜がハゲると思いますw





可動範囲です


腕の開閉と肘はこのぐらい
今見るとちょっとキツイものがありますが
当時の平均ぐらいはいってるのかな



あと腕の前後はバインダーに干渉しないで動きます
百式がアレだったんで地味に不安だったんですが杞憂でしたね


一応腕の前後可動も可能ですが、殆んどわからないかも


開脚と接地はこんな感じ
こちらは今見ても優秀な部類かと思います


膝や足首は・・・ウン
時代を感じますな



ぶんどど

イイ!
リックディアスそこまで好きじゃなかったけど意外にイイです

塗装してキチンと仕上げてあげればかなり見れるようになるキットじゃないでしょうか



ってことで 1/144 リックディアス でした

地味に負荷のかかりそうな可動箇所は殆んどポリ可動になってたり
144キットながらパイプ類が別パーツになってたりと
なんというか、当時としては平均点以上なキットだと個人的には感じました
お値段はちょっとお高めですが、その分きちんと良キットになってると思います

っていうか腕がキチンと上げられるのがw
百式とはなんだったのかと



以前のレビュー品はこちら