メカコレクション シャイニングガンダム

 今回は旧キット番外編


Gガンダム放映当時の入門モデル
メカコレクションです



せっかく手に入れたんで素組で紹介しようと思います

では

パッケージはこんな感じです

なんかチープトイみたいな感じですね
フックにもかけられる仕様になってmす
当時価格は確か税抜き300円だったかと


箱横には完成時の実物大の写真が
見てわかるように箱は凄く薄いです



中身です
・・・いかにも入門モデルらしい簡素な作り
シールが付属しますが
紙素材でスグ剥がれます



説明書です
裏面は1/144キットの広告になってます

スナップフィットなので今のキットとなんら変わらず組めます




ってことで完成、組立時間は20分もかかんないんじゃ無いでしょうかw
プロポーションは悪くない気がします

色分けは当然ですが殆んどシールに頼ってます
それでも最低限はされてるように見えますね


地味に右手首は平手になってます
1/144の旧キットでは平手がついてなかったんでココだけはメカコレのほうが優秀ですね


ついでにサーベルも付属


可動範囲です

肘はキッチり90度、手首は回転可能、肩が軸可動
と必要最低限なものになってます
肩が開けないのは地味に辛いですな

これでも肘と手首が回る分、昨今の戦隊プラモより(ry



股関節はボールジョイントで可動


膝も可動しますが
足首が前後可動しかできないため接地はよくありません、ついでに腰は完全に固定

1/144と比較すると
可動は最低限にしてパーツ数を抑え、コストダウンとともに組立易さを向上させてるみたいです
昨今のミニプラみたいですな


一応ぶんどど

それっぽくは見えます
プロポーション自体は悪くないんで、塗装してやればソコソコ見れるもんになるかもしれませn
ただ、いかんせん素組だとシールが剥がれてきて困りますなw

脱脂や洗浄してないとは言え、平面に貼ってるシールが重力の井戸に魂を惹かれるなんて初めての経験ですよw


つーことで

メカコレクション シャイニングガンダム でした
お値段も安いし塗装や改造の素体にイイかもしれません・・・って言いたいところですが
当時の1/144キットと200円しか違わないんですよね
正直これを買うぐらいなら普通に1/144を買ったほうがいいかと
当時を懐かしむって意味ではいいかもしれませんが

というか今は絶版なのかな

実はこいつ幼少の放映当時に見かけたことあるんですが、まったく心惹かれなかったんですよ
同じ300円だったら間違いなくBIG勇者ガムとかのほうが遊べますし
当時は変形しない機体に興味がなかっただけかもしれませんが・・


おまけ

これが200円の差だ!!


1/144と同じスケールかとおもったら若干小さいんですね
スケール表記が書いてないのは罠かw


以前のレビュー品はこちら

まさかのプレ値w