1/100 ジム

ホビーショーでのMGの大型発表って
ファーストのver3.0だったんですね・・・正直期待はずれもいいところだなぁ
焼き直す前に先に出すもんあると思うんですよ、TVシリーズで唯一MG化されてないアイツとか

と思いつつ本日も旧キット紹介

今回は 1/100 ジム です
ファースト時代としてはわりと後期のキットになるんですかね

つーことでいきます


まずはパッケージから


お値段税抜き700円
中古ショップで買ったんで色んなところがボロボロですが・・・
サイズは昔のガンダムやザクの1/100シリーズと同じですね、まぁ値段同じですから


ランナーです
全部で4枚
成形色自体は3色ですね
色分けは2色だったガンダムより期待できそうです
コアブロックシステムが無いからかガンダムと比べてもパーツ数はそこまで多く感じません


説明書はこんな感じ
相変わらずランナー部に塗装指示が



そして・・・

こいつにも接着剤が入ってました
そうとう年季物なんでしょうねw

接着剤同梱でもわかるように
このキットは接着が必要です、他は特に今のキットと変わる部分はありません

ってことで完成


組立時間は1時間ちょいでした
パーツ割も単純なんでサクサク組めると思います

プロポーションは今の目で見るとアレかもしれませんが
ジムの弱さがよく出てるとは思います
色分けはガンダムより大分マシになってますね
肩は赤ランナーあるんだから赤成形できたと思うんですが
あえて白にしたのかな
あと気になるのは胸のダクトぐらいですね、ここらだけ塗ってやれば十分見れるかと

付属品です

差し替え用平手とビームスプレーガン、シールド、サーベルが付属
残念ながらライフル握り手は右しか付属しません

可動範囲です


肩はここまで開けますが
元々がなで肩なんでアンマリ開いてるように見えません


肘はちょっと残念な感じ

また

ガンダムとは違いロール可動も微妙に追加されてるんですが
干渉してマトモに動いてくれません


ファーストシリーズながら肩の前後可動も追加されてます


開脚はこんぐらい


八の字可動も追加されてますが、あんまり動きません


膝と足首はこんぐらい
発売自体が後期なぶんガンダムと比べると可動箇所自体は格段に増えてるのが分かりますが
どこも可動範囲自体はそんなに広くないですね


テキトーに何枚かぶんどど

やっぱ微妙に可動範囲が狭いからかあんましいいポージングができない
まぁそれでも動かしてやるとそれなりに見えます


ということで 1/100 ジム でした
ガンダムよりは格段に可動箇所がふえてますが
可動範囲自体がせまいから、あんまり変わったような感じはしませんが
当時は結構革新的だったんでは
コアブロックシステムは再現されてないものの基本形状はガンダムなんで
なんちゃってver2が割と簡単に作れたでしょうし
そうでなくても旧キットの1/100の中での出来は標準的以上だと思うんで
結構オススメキットです

MGのVer3にあわせて旧キットが一通り再販されるみたいなんで興味のある方は是非


おまけ

ネタポーズ集
頑張れば片足立ちも可能ですw



ガンダムと比較
コアブロックが再現されてないのと
なにげにジムはシールド背負えないことに後から気が付きました

以前のレビュー品はこちら