1/100 百式

 皆様方は連休をエンジョイできたでしょうか?
こっちは色々とありました・・・高速で白煙ふくとかw


まぁ話を本題に今回は 1/100 の百式をレビューしたいと思います

144は肩がマトモに動かないなど欠点も目立ちましたが
サイズの大きいこちらはどうでしょうか
では


まずはいつもどおりパッケージから


縦長パッケージ
だいたい平成HGと同じぐらいのサイズですかね

お値段は税抜き1200円、144キットのちょうど二倍です


ランナーです

パーツはかなり多め
プラの成形色自体は二色ですがポリキャップにも色がついてるため実質3色成形
ポリキャップは専用品です
百のデカールも付属、いつもどおり貼る自信が無いので今回も貼りません


説明書です
劇中設定等がかなり細かく書かれてます

このキットは接着が必要になります
他は今のキットと変わりません

ってことで完成

組立時間は2時間30ぐらいでした
プロポーションはかなり良いと思います
色分けも足首と目ぐらいだけ塗ってやれば十分ですね


ちなみに組みやすさも考慮されてます
純正状態でそこそこ後はめ可能


また、一部パーツはポリキャップとプラパーツどちらかの選択式になってます


付属品です

サーベルとライフルのみ
サーベルは残念ながら一本しか付属しません・・・


可動範囲です

肩と肘はこのぐらい、まぁ許容範囲ですかね


指は一本ずつ可動
全部握れないのは旧キットクオリティw


肩は前後可動も可能


頭は前後左右にも可動


上半身は可動箇所自体は結構多いんですが・・


一番重要な肩がバインダーに思いっきり干渉します
1/144からまるで成長してない・・


続いて下半身の可動範囲

開脚と接地はこのぐらい
ぶっちゃけ1/144より可動範囲せまいです


代わりに八の字可動が追加されてます
素立ちでかざるにはこっちのほうがカッコいいですよね


脚の前後可動はこれでめいっぱいです・・


フロントアーマーが独立可動して干渉しないようになってるかと思いきや
サイドアーマーが回り込んでる上に接着する仕様なため、そっちに思いっきり干渉します


マトモに動くのは膝ぐらいですね

上半身下半身とも正直1/144レベルにすら達してないんじゃないかと・・

それでもブンドド

・・・・無理だw
どうやってもギコチ無いポージングになっちゃいます・・


ということで 1/100 百式 でした
素立ちで飾っとく分には、プロポーション色分けtもに今見ても全然イケルと思いますが
可動範囲が致命的です・・1/144から全く進歩がみられないどころか悪化してるのは正直どうかと

ぶんどどしない人にはオススメ出来る良キットですが
個人的には結構ダメな部類に入るキットだと思います・・


おまけ

Zと比べるとプロポーションの良さが際立ってます
これで可動さえよければ・・・


以前のレビュー品はこちら