ミニプラ 獣電竜

 パラサガンを買ってきたのでミニプラ第二弾の獣電竜をちゃんとレビューしたいと思います


パラサガン、ザクトル、アンキドン
の全3種類
お値段各税抜き300円です

サクっと紹介

まずは


1、パラサガン


パッケと説明書、パッケージ裏に説明書が印刷されてます

地味なところですがパッケ裏に開きやすくする切り込みが追加されてます



ランナーとシール
ランナー自体は二枚ですが、パーツ数は20もいかないぐらい
正直パッケージに対してスカスカ感は否めません
シールの数は相変わらず多めです
つーかパーツの数より多い気も・・


10分もかからず完成します
シール貼るのが8分ぐらいだと思いますが


尻尾は一応展開可能


可動は今までの獣電竜と同じで必要最低限です・・


3、ザクトル


パッケージと説明書


中身
・・もう何も言いません


こっちも8分ぐらいシール貼りで完成


尻尾の展開が可能


ほかの可動は最低限です



3、アンキドン

まさかシンケンブラウンみたいなネタキャラが普通に変身するとは思わなかったのは自分だけじゃないはず・・

パッケージと説明書


シール貼るのめんどくさい・・・



こちらも10分ぐらいで完成


ハンマーは展開可能ですが
ほかの可動は当然のごとく最低限



各300円です・・・



合体説明書はそれぞれに付属





脚を畳むだけの簡単変形


ガブリンチョ!


パラサガン、ザクトルがガブティラと合体することで
キョウリュウジンウェスタンへ

色分けは頑張ってるかなぁとは思うけど、相変わらず1200円のプラモだと思うと微妙さが半端ないです
細かい部分はシールですし
プロポーションはいいと思います


可動はこんな感じ

まぁ予想どおりですな

強化部分が腕なのに殆んど可動しないから尚更残念な感じが強調されちゃいます

元のキョウリュウジンはステゴッチの武器の向きである程度はごまかせたんですが
こっちはもうホントどうしようもない・・・
肩の開きと肘ぐらいはなんとかして欲しかったですね
パッケージのポーズも取らせられないのは正直どうかと



アンキドン、ドリケラがガブティラと合体


ガブリンチョ


キョウリュウジンマッチョ

当然ですがムーキムキッなポージングは不可能です


駄々っ子パンチ・・・

こっちもウェスタンと同じ感想です・・・



ということで ミニプラ 獣電竜 でした
個人的に割高感が半端無いです

これ3体で900円って悪い意味で値段にあってないクオリティだと思います


開発者インタビューを見る限り今年は完全に子供向けで行くらしいんで仕方ないとは思うんですが
やっぱ大きいお友達的にはガッカリな仕様ですね

組立簡単を謳ってる割にシールが多いのも個人的には気に入りません・・

アンキドンなんて背びれ一個一個にシールですよ
大きなお友達でも貼るのめんどくさいのに・・・・

上記の部分はパーツで色分けしてくれたほうがクオリティ的にも子供的にも嬉しい仕様だったんじゃないでしょうか

っていうか今回結構無茶な貼り方のシールも多い気がするんですが、そのあたりバンダイさんはどう考えているんでしょうか・・・パーツ少なくしてシール多くしたら本末転倒な気がするんですが


このボリュームで各300円もするんだったらもうちょっと頑張って欲しかったのが正直なところです


国産プラモだから仕方ないのは分かるんですが、別にこの仕様だったら国産にこだわらなくてもいいんじゃないかと
完全に子供向けにするならいっそ半完成品とかどうでしょうか、ビンボウケンやゲキウルフみたいな


6月には次のミニプラが発売するみたいですが
今年は・・・う〜ん


おまけ

国産じゃなけれ一部塗装済み、4色成形、蓄光パーツでも300円で可能なんです、しかもこのボリューム
カバヤってなにげに凄いですよね

以前のレビュー品はこちら