1/144 ネモ

┌(┌凸)┐ネモォ・・・

ってことで量産機ながらユニコーンでも割と存在感を見せしめていた
ネモの旧キットをレビューしたいと思います

Z時代のキットなんで既にポリキャップ仕様になってるんですよね
以前レビューした百式バインダーに干渉して腕がまともに上げれないなど
あまり良いイメージではなかったんですがコイツはどうでしょうか

では

まずはパッケージから


平成144シリーズより薄くて平べったい感じ
ちなみにガンタンクR-44と同じ箱サイズでした
お値段は税抜き500円
多分当時の1/144キットのスタンダードな価格・・なのかな


ちなみに今回


中古で買ったら接着剤が付属してました


・・・中身が飛び出た状態でw


危なかった、足裏じゃなかったらやられていた・・・

と飛び出た接着剤で足裏が見事に溶けてました
接着剤同梱だとこんなトラブルもあるんですねぇ

足裏だったから気にせず作ることにしますw


説明書です

劇中設定等が多少書かれてます


ランナーです
2色成形で3枚とポリキャップ
パーツ数は意外に多いですね、というか細かいパーツが多いです

このキットは接着が必要になります
多分今のキットには接着剤が付属してないので別途お買い求めください

接着仕様以外は今のキットと変わりません

ってことで完成


組立時間は40分ぐらいでした
細かいパーツが多いですが、どこのパーツかはわかりやすいんでこの時代のキットとしては割とサクサク組めると思います

プロポーションは・・・人によるかな
個人的には肩アーマーが小さすぎるのと脚のラインが太いのが気になりますが
全体的に見れば悪くはないと思います
色分けは・・まぁ旧キットですから
それでも元の配色が単純なので細部塗装だけでもそれなりには見えそうです



バーニアやパイプ類は割と細かく再現されてるのできちんと塗装すれば今の目で見ても通用するかも



付属品です


ライフル、サーベル、シールド、差し替え用手首が付属
サーベルは収納状態と使用状態でそれぞれ二本付属
ライフルはフォアグリップ部が可動しますが残念ながら握り手が右手しか付属しないため
右手にしか装備できません


収納状態のサーベルは腰にマウント可能
百式みたく接着する必要もありません
その代わりポロポロ外れますがw


シールド固定は腕のハードポイントにこの溝を引っ掛けることで行いますが


いかんせん腕側のハードポイントがゆるいのか、逆手もちにすると重力の井戸に魂を惹かれてしまいます
まぁ普通に構える分には問題ないです、ライフルと違って左右どちらの腕にも装備できますし


可動範囲です

肩はこのぐらい


肘はこのぐらい
当然ですがロール軸もあります
あと、肩アーマーのサイドのパーツは干渉しないように可動してくれます



腕の前後可動も可能



開脚と接地はこんな感じ
開脚は優秀ですね、足首には左右スイングもあるので割と接地してくれます


脚の前後可動はこんな感じ
一軸可動なんでこんなもんでしょう


可動自体は当時の平均以上いってそうなキットな気がします

ってことでぶんどど


ネモかっこいいよネモ

流石に今のキットには敵いませんが、結構ポージングできます
当時これだけ動けば十分だったんでは無いでしょうか

なにより干渉する部分が殆んど無いからストレスフリーで遊べるのがデカイですw
いやぁやっぱ量産機はシンプルでいいですね



ってことで 1/144 ネモ でした
当時、この可動とプロポーションは中々優秀だったんじゃないでしょうか

今の目で見ると厳しいものがあるかもしれませんが
ガンプラの進化を感じれる良キットだと個人的には思います
興味のある方は是非



というか量産機って基本的にキット内容だと主役より後発なぶん優秀になる気が・・




おまけ

こうやって並べると結構ボリューム違うんですね


可動は殆んど同じ感じにw
それでも微妙にネモのほうが優秀です、肘の可動範囲や、干渉箇所等



ジムさんと(キャノンだけど)
Zの時代でも偉い小顔化が進んでるのが分かりますねw


以前のレビュー品はこちら

そういえばZ劇場版の時代まではMGって安かったんですよね・・ネモって定価で2000円代だったんだ・・