1/250 パーフェクトジオング

今日は旧キットのパーフェクトジオングをレビューしたいと思います

ガンダムとスケールを合わせてくるかと思いきや
まさかの1/250スケールになってます

サイズ的には残念な感じですが、スケール気にしないと出来はどうなんでしょう
ではレビュー


まずはパッケージ


箱絵はやはりカッコいい
箱のサイズはあまり見たことないサイズですね
お値段は税抜き500円と
当時にしてはかなり高い設定になってます



ランナーとデカールです
成形色は単色のみ
パーツは結構細かいです
デカールは水転写式、今回も自信がないので(ry


500円以上のキットなので
説明書の他に詳細説明が書かれたリーフレット的なものが付属してます

旧キットなので組立には接着が必要です
そのほかは今のキットと変わらないかな



ということで完成
組立時間は40分ぐらいでした

プロポーションはいいですね
ただ指が微妙に曲がってるのが個人的にはダメです、ここはまっすぐのほうが良かった気が

色分けは・・・うん
頑張って塗装しましょうw


ですが、なにげにこのキット
この時代ながら足裏やスカート内がしっかりと再現されてたりします
足裏にこんだけしっかりしたモールドが彫ってあるのはこのキットが初めてなんじゃないでしょうか




付属品はこれだけです

フレームに装着するカバーになりますが
組立自体はコンパチ式なので接着しない場合はただの余剰パーツです
今回は付けないで組み立ました


一応比較するとこんな感じ
(カバーは接着しないで両面テープで仮止めしてるだけです)


可動範囲はこんな感じ


肩はあまり開けません
肘も微妙・・・

さらに取り外しも不可
サイコミュェ・・・



MSV恒例の腕の前後可動はこのぐらい


開脚と接地はこのぐらい
一応このキットには足首の左右スイングもあるんですが
干渉して殆んど意味のないことになっちゃってます



脚の前後と膝はこのぐらい
太もものクリアランス調整が絶妙ですね、微妙に関節パーツが見えてるのはご愛嬌w


ということでぶんどど

動かすとそれなりに見えますが・・
やっぱり小さい!

このキットの感想はもうその一言に尽きますね
1/144ジオングが600円でできてたんだから1000円ぐらいにすれば1/144スケールで行けたと思うんですが
なんで当時そうしなかったのかが凄く謎です、売れてなかったわけじゃないし・・

それでも足裏のしっかりとしたモールドやコンパチでのアーマー着脱等、スケールが小さい分頑張って差別化しようとしてた印象は受けるんですが

やっぱガンダムとかと比べると小さいってのが第一印象にきちゃいますかねぇ・・値段を考えるとあんまりオススメできないかな
同スケールのパーフェクトガンダムでもあれば
またイメージ変わるかもしれませんが

おまけ

パーフェクトと比較

・・・身長はあるんだけど、ボリュームが圧倒的に足りない・・



ジオングのほうが弱そうです・・



遠近法で撮るとそれっぽく見えるかな
っていうか撮影スペースが足りないw
そろそろちゃんとした撮影機材欲しいなぁ


以前のレビュー品はこちら