1/144 パーフェクトガンダム

 今日はMSVの旧キット、1/144 パーフェクトガンダム をレビューしたいと思います


144キットでは初めてポリキャップが導入されたキットらしいですが
実際のところ今までのキットと比べてどうなんでしょうか

ではいきます

まずはパッケージから


パーフェクトジオングと戦ってる箱絵です
相変わらずMSVの箱絵はカッコいい
お値段は税抜き600円と当時のキットとしてはちょっとお高め
やっぱポリキャップ分なんでしょうか
パッケージサイズは144のアシュタロンと同じサイズかな?
あんまり見ないサイズです


説明書以外にこいつが付属してます
ガンキャノン2にもあったアレですね
こちらに塗装指示や機体解説が書かれています


その代わりに説明書は白黒


ランナーです、当時の144キットにしてはかなりパーツ多め
一応、成形色は2色に分かれてはいますが塗装必須ですね

ポリキャップは専用品みたいです
MSVらしくデカールも付属しています
例のごとく今回も貼る自信がないので貼らずにレビューしますが

旧キットなので接着が必要です、ほかは今のキットと変わらないかな



ということで完成
組立時間は二時間ぐらいでした
結構パーツ多いので旧キットながら時間がかかってます
プロポーションは今見てもイイと思います、色分けは・・旧キットなんで当然のごとく塗装しなきゃダメダメです


特徴的なパイプはポリパーツで再現、一応可動を妨げないようにはなってますが
キットの関節保持力が負けちゃう場合も
キャノン砲の上下可動、アンテナ伸縮も再現されてます


付属品
差し替え用の平手とビームサーベルが付属します


可動範囲


腕はこのぐらい動きます
肩関節は1/100キットと違って脱着ギミックがないので
かなり開けます、ただ謎のブロックが丸見えになるので違和感のある人には辛いかも
肘は当時としては平均的ですかね


更に肩は前後可動も可能
ただ、前記したように右腕はゴムパイプの弾力に負けちゃうことも・・


開脚と接地はこのぐらい
可動範囲自体はそこまで広くないですね


代わりに膝下と足首にロール軸があります
ほかのキットでこの仕様は見たことないですね
大きくハの字に開けるので素立ちの見た目は大分よく出来ます


膝はこのぐらい
ここはあんまり動かないかな


腰も微妙ながら可動します
この時代で腰が動くのはなかなか


ちなみにポリキャップが使われているのは腕の基部
脚の基部、足首、手首になります
一通り動かしてみてメリットを感じたのは腕の基部ぐらいですね
脚の基部と足首は可動範囲自体が凄く狭いのでプラ軸でもそう変わらない気がしますし
手首もそこまで重い装備が無いからメリットが薄いんですよね
バズーカでもあれば変わったかもしれませんが、基本的に本体に武装ついてるタイプだから
サーベルぐらいしか持たないよなぁ



気にせずぶんどど

動かすとカッコよく見える不思議


ということで144 パーフェクトガンダムでした
初の144キットにおけるポリキャップ使用など
バンダイの意欲が伝わってくるキットでしたが
今の目でみるとちょっと厳しいものがあったり

それでもガンプラの進化の過程を体感するには欠かせないキットだと思います
どっちかというと当時世代の人よりも若い世代の人に組んでもらいたいキットですね

ちなみに2月に再販かかるらしいですよ


おまけ

144ガンダム比較
144のパーフェクトガンダムってかなりのイケメンさんだと思う


以前のレビュー品はこちら