RG 1/144 Zガンダム

新年一発目は RG Zガンダムをレビューしたいとおもいます
人のやらないレビューやるって言ってたって?こまけぇこたぁ(ry

ってことで最新キットですが、せっかく完成したんで軽くレビューしたいと思います

この時点でかっこいい
基本的にスミ入れすらしていない素組みです
キットを普通に組むだけで画像のようになるんで参考にしてもらえれば
ってことでいきます



パッケージは今までのRGよりちょっと厚いです
お値段も税抜き3000円と今までの最高額
なにげに初代MGと同じ値段なんですよね


説明書は冊子タイプ
こちらは今までのRGと大差ないですかね


初回限定版には特別冊子まで付属します、映画のパンフレットみたいなちょっと高級感のある仕様
今までのRGキットの紹介が載ってました、なにげに次のRGの情報も

システムインジェクションやらアンダーゲートやら色々な技術が使われてますが
基本的に今までのガンプラと同様にスナップフィットなのでニッパとデザインナイフぐらいあれば普通に完成します
パーツは細かいですが

ってことで完成


組立時間は6時間ぐらいですかね
半分近くはデカールを貼ってた時間になりますが
自分はまったり組んだんでえらく時間かかってますが、慣れた人なら3時間ぐらいで全部行けちゃうかな


付属品はこんな感じ
サーベルは長短が付属していますがそれぞれ接続軸径が違うため
短いほうはライフル専用、長い方はビームサーベル専用となってます
なんで一緒にしてくれなかったんだろう・・


ぶんどど

スタンドはアクションベースⅡに対応、RGは魂ステージ使えないのが地味に気になったり・・

Z本体は可変機でありながら、かなり可動してくれます、カッコええ・・
若干ポロリが気になるところもありましたが、今までのRGと比べてもそこまで酷くはないかな

基本的にRGはガシガシ動かすモデルじゃないと思ってます

そして、こいつのメインはなんといっても変形ですよね
つーことで変形

こんな感じで
相変わらずアンテナ部分が怖い、クリアランスが本当にギリギリです


ウェイブライダー


当然ビームライフルも装備可能
ランディングギアは差し替えで再現となっています


ウェイブライダー状態でもアクションベースに対応
飛行状態で飾ることが可能になってます



この形態でも細かいマーキングがリアルさを強調してくれてます
やっぱトップコートだけは吹いたほうがいいかな


ということで
RG Zガンダムのレビューでした
複雑な可変機という設定上、若干構造的に怖い部分もありましたが
全体通してみると
今のバンダイの技術がいかに凄まじいかを実感させられるキットだと思います
ちょっと細かいパーツも多いので初心者さんには気軽にオススメはできませんが
完成したときの達成感は最近のガンプラとしては一番だと思います

お値段分の価値は間違いなくあると思うので、自信のある方は是非買って体感してみてください



オマケ

初代完全変形Zと

ちなみにこいつのレビューはこちら
1/100 Zガンダム



もはや別機体な気が・・
でも旧キットはシールドまで差し替え無しで変形できたりと
RGと比較して勝ってる部分もあったりします




RG ガンダム
Zって結構大型の機体なんですよね


以前のレビュー品はこちら