レジェンドBB 武者號斗丸

 年末最後の更新は今年代表するこのキットのレビューで


レジェンドBBの武者號斗丸です
直撃世代なので
実はRGのZやMGのνよりも期待していたキットなのです
ではレビュー



箱はこんな感じ、亡霊のように鋼丸まで映ってますw
サイズは薄くてでかい、ランナー量的にはもうちょっと小さい箱でもいい気がします


説明書はこんな感じ
なんか当時のものと似ています
コミックワールドも付属するんですが、当時物と違って1ページのみ
内容的には超機動大将軍編の序章って感じですかね、詳しくは買って読んでね


ランナーはこんな感じ
多色成形は使われていませんが、成形色自体はメッキ含めると7色とかなりカラフル
当時物だと3色成形でしたから技術の進化がよくわかりますね、値段は倍ですがw

組立自体は最近のBBらしくタッチゲート、スナップフィットのお手軽仕様
工具不要で完成します、だいたい20分ぐらいで完成するかと


まずは軽装タイプ
当時物と違って胸、腰アーマーがレジェンド仕様になってるため取り外しが可能になってます


当時世代としてはちょっと違和感があるかも


ということで鎧装着

ヤダ・・・なにこれ、カッコいい・・・


胸の宝玉はガラス玉ではなくクリアパーツになってます
それでも雰囲気はでてますね


あちこち干渉するんでこの状態だと可動はそれなり
当時物と比較するとそれでもよく動くんですが


ってことで変形、スーパーモード、爆熱の陣!!

やだ、なにこれカッ(ry


この状態になれば割と可動してくれるように、またレジェンドBBらしく目の差し替えも可能になってます
スタンド使えば、熱火爆輪斬の再現も可能かな、っていうかもうカッコいい!!
直撃世代としてはその一言で十分かと

ってことでレジェンドBB ゴッド丸でした

散々褒めましたが、ちょっと残念なのが手甲部分と角飾り一部がメッキじゃないこと
黄色ランナーのパーツをメッキパーツと全部一緒にしちゃえばそんなにコスト上がらずにできそうな気がしますが
レジェンドBBのメッキは角の1パーツしか使っちゃいけないって制約でもあるのかな

それでも成形色による色分けや、パーツ分割の妙による可動強化と
当時品と比較すると値段が倍になっても納得のクオリティだと思います

このクオリティで大将軍クラスが欲しいって人多いと思うんですが
どうでしょうバンダイさん?チラッ





おまけ

当時品と


成長過程


鋼丸と同じぐらいの大きさに
実際はこれでも鋼丸の方がバックパックの分かなりデカく感じます



魔星のほうが体格的に弱そうです
闇元帥もこんな感じだったよね。。。血は争えないのか



超機動大将軍にはかなり無茶しないと乗れませんでした


カエル鎧もちょっと小さい
画像はただ乗っけてるだけです、固定ピンとか無いんで保持はできないんで注意

なんかオマケ画像のほうが大ボリュームになった気がするw

最後になりましたが良いお年を〜
これ見てる人殆んど新年な気がしますがw


以前のレビュー品はこちら