1/144 百式 レビュー

ZのRGも発売することですし
今回は百式の旧キットをレビューしたいと思います


流石にメッキじゃなくて安っぽいですが
可動範囲等はどうでしょうか

ではレビュー


まずはいつもどおりパッケージから

結構大きめのサイズです、リックドム2の旧キットの箱より僅かに小さいぐらい
お値段は税抜き600円、ちょとお高めです


説明書です
多少ですが番組設定等が書かれてます、またランナーへの直接塗装指示がありますね


ランナーです
3枚とポリキャップランナーが一枚、Zの時代だと144でもポリがスタンダードになってたんですね

単色成形で成型色自体は2色だけです、薄い黄色でちょっと劇中イメージとは違うような気が
また、百の文字のデカールが付属、今回も貼ってませんが

Zの時代の旧キットは接着が必要です
そのほかは特筆することないかな・・



全部切り離しても大丈夫なように形で区別がつかない左右パーツなどは
パーツの裏側にも番号が刻まれてたりします、ファースト時代は一部のパーツにはありましたが
こちらは似てる形のパーツにはほぼ全て刻まれてました

全部切り離して一気に組み立てる人にはありがたい仕様です


ということで完成

組立時間は50分ぐらい
そんなに時間かかんなかったですね
プロポーションは足首がちょっとデカイけど
全体的に見ると個人的には結構いいほうかと
色分けは・・・せめて上半身がグレーだったら良かったんですが
まぁ旧キットですから


ムーバブルフーレームも見えてる部分は別パーツで再現されてます



付属品です
交換用の握り手とライフル、サーベル、収納状態のサーベルが2本付属
画像じゃ一本しか無いんですが




もう一本の収納状態のサーベルはサーベルラックへついてます
サーベルラックは再現されているものの
接着しなきゃいけない仕様なので
取り外したりはできません
今回は片方だけ収納状態で作ってます

・・・って付属品の写真にライフル忘れてますねw
握ってるからいいか

ただライフルの握り手は右しかないため
右にしか持てません





可動範囲です

肩はあまり開けません・・・


微妙ですが前後可動もします


肘はこれしか動きません・・・

殆んど可動しないです
更に


バインダーの位置が近すぎるため
干渉して普通に肩をあげることもままなりません

上半身はちょっと厳しいものがありますね、年式考えても結構酷い部類だと思います



開脚と接地はこのぐらい
足首も左右にスイングするため接地が少しだけ上がってます、あくまで少しだけ


膝と足首はこのぐらい
膝は一軸関節ですが90度近くまで可動します
ただ腰アーマー類は全て一体のためポージングはちょっと制限されちゃいます


あんまり動かなそうだけど
それでもぶんどど

動かすとそこそこカッコよく見える不思議



ってことで 1/144 百式 でした
正直・・・微妙です

プロポーションはそこそこですが
いかんせん可動が・・旧キットだからと言われればそれまでなんですが
肩とバインダーの干渉なんて設計ミスとしか思えないし
よっぽど旧キットが好きな人にじゃないとオススメできないですね

値段が600円っていうのも個人的に割高感が凄いです

Zシリーズって1/100は安いんですが1/144って軒並み割高な気がします
自分だったら2倍近くだしてもHGのほうがいいかなぁ、メッキだし


以前のレビュー品はこちら