1/144 リックドム2(ツヴァイ) レビュー

 今回はポケ戦よりリックドムⅡをレビュー
なにげにポケ戦シリーズ初ですね


ドム系統にハズレは無いという話ですが
コイツはどうでしょうか

ではレビュー

まずはいつもどおりにパッケージから


油絵調のデザイン
今見ても通用しますね
お値段税抜き700円
似たようなサイズのパッケージは最近だと無いかな
GP01の旧キットと同じサイズかと


ランナーです
多色成形は使われていませんが
成型色は5色と、結構カラフルです
モノアイ1パーツのためにクリアパーツランナーを使う豪華っぷり


説明書は4枚開き
設定等が多少書かれてます

組立自体は今のキットと同じでスナップフィットです
接着剤不要で完成



組立時間は1時間ぐらいでした
昔のキットの割には結構組みやすかったです
プロポーションも中々良いです、色分けもこれだけできてれば十分かと

なにげに関節は後ハメしやすい構成になってたりします


付属品はバズーカと右の握り手のみ
近接武器ないんですね

ついでに言うとバズーカは右手にしか装備できません、右のグーより左のグリップが欲しかったかも



可動範囲です


肩は90度ぐらい


肘も90度程度ですが、手首にも可動軸があるためそれ以上動いているように見えます
相変わらずポリキャップ丸見え



首はある程度動きますが
今のキットと比べると辛いかも



開脚と接地はこのぐらい
そこまで狭くないですが、ちょっと保持力が心もとないかも


膝はこのぐらい
ここはデザイン的に仕方ないかな


あと股関節と本体の接続軸が可動します
今のキットじゃあんまり無いですよね


なにげに足裏やスカートの中まできっちり再現されてます
このへんは平成シリーズよりよく出来てますね・・



ぶんどど

体系的に可動範囲が厳しい
あと近接武器がないのと左にバズーカ持てないのが気になりますが
普通にカッコイイです


煽り気味だと尚素敵


ってことで 1/144 リックドムⅡ でした

ポリキャップ丸見え関節や可動範囲は辛いものがありますけど

成形色、プロポーション、組立易さなどは今の目で見ても十分通用するキットだと思います
ドム系統にハズレなしは間違ってないですね

HGUCと値段が大して変わらないのが欠点といえば欠点でしょうか




以前のレビュー品はこちら