インプのエアコンランプを修理した

よく切れる事で有名なGC8のエアコンランプ
うちの子も当然のようにハザード、デフォッガスイッチと共に仲良く切れてましたw

そこで以前、エアコンパネル自体をSF5フォレスターのものに交換してたのですが

これですね(見た目は大分現代?の車に近くなりますが、実用性はインプのダイヤル式のほうが上です、素人にはオススメできないw)

ちなみにインプ純正だと

こんなデザインになります、うんTHE 商用車




でエアコンランプ切れの対策のために交換したこのエアコンパネルなんですが

あろうことか、ランプが点かなくなりました・・

そもそもパネル購入時点でLEDに交換してあったはず

LEDが球切れってどういうことなの・・・

早速ばらしましょう




まずはエアコンパネルを取り外します

GC8は比較的簡単に取り外せるんで説明は省きます
以前の記事を参照してください


でエアコンパネルから取り外したエアコンランプがこちら

見た目的には切れてない・・・けどテスター当てると切れてます
付属してる抵抗値を確認してみるも
特に問題なさげ

考えてもよくわからなかったんで、バルブだったら安いし

LEDをやめてあえて普通のバルブに戻すか。。。と思ったんですが

ソケットが違うよ・・・ミラと同じでT10とかT5あたりのバルブだと思ったのに
どうもLEDを付けるための自作ソケットみたいです

もともとLEDがついていたので純正ソケットは無いし・・・ソケットごとバルブに戻すのもなんかアレだし
、LEDキットは高いし・・・と仕方ないから暗いまま我慢しようか






と諦めかけたその時、閃きました

拡散高輝度LEDが3つも付いて100円
半田付けだけ出来れば流用できるんじゃね?




早速ひとつ試してみる




こいつ・・・光るぞ!ウホっ
ってことで残りも半田しなおして元に戻しました

画像撮り忘れたっていうか、昼間だと光ってるの写真じゃ視認できないんで画像無しです
ちゃんと全部光るようになりました!


若干色むらが気になるけど光らないよりはるかにマシです
これで夜中エアコンを操作するためにルームランプを点灯させなきゃいけない車とはおさらばですよ


105円でエアコンランプがLEDになるなんて100均って凄いですよねぇ
学生時代ばりのビンボーチューン
自分なりに結構満足ですw


しかし元のLEDは一体何故切れたのかわからないと、また切れる可能性があるんで
暫く外したLEDを眺めつつ考えてみましょう


、、、なんとなく理解できました


もともと拡散タイプじゃなくて上部分が球状の安物白色LED

それを拡散させるために上部分を削ってあったんですが
削り方が、一回ニッパーか何かでパチンと切ってからヤスってる感じなんですよね
どうもそれで目に見えないようなクラックが入って、車内振動でトドメを刺した感じかと勝手に予想

今回は削ってないから大丈夫なはず・・多分
まぁ切れてもまた自分でつければいいや、全部変えても105円だしw

次はハザードランプとデフォッガもなんとかしなきゃ
こっちは結構ばらすのが面倒みたいですが。。。


しかしスバル車っていちいちエンジンかけなきゃイルミ確認できないのがめんどくさいですね
ライトの消し忘れが無いのはいいんですが、インプとか結構エンジン音うるさいから何回もオンオフして凄い近所迷惑だった気が・・(LEDだとバルブの極性確認が必要だから手間かかるんですよ)
ライトみたいにイルミオンのスイッチもあれば便利なのに