玩具レビューメインのブログです
タイトルは気にするな!
車関連の記事まとめはこちらから→ 愛車維持関連
過去のレビュー品やガンプラ旧キット素組レビューの一覧
はこちらから→ 玩具レビュー一覧
当ブログはリンクフリーです、寧ろ拡散・・・してくれてもいいのよ?

トミカ ハイパーレスキューガム レビュー

 ってことで今日は、みんな大好きなカバヤから発売された食玩

ハイパーレスキューガムをレビューしたいと思います


トミカの名を冠してますが、出来はどうなんでしょうか
では行きます

まずはいつもどおりパッケージから


全4種類
税抜きで各300円、パッケージはそれぞれ違いますが
1,2と3,4は似てるためちょっと紛らわしいかも

カバヤらしく組立式になってます

まず1番

1、ハイパーレスキュー1号Ⅱ型A + 機動巡回車 + 隊員人形


説明書はパケ裏印刷
いつもにましてシールが多いです


ハイパーレスキュー1号のフロント部分になります
カバヤにしては珍しくタイヤ本体が回るためコロ走行可能です



さらにコクピットが開いて隊員人形が搭乗可能
付属の機動巡回車のミニトミカが収納できます


ミニトミカの機動巡回車
ボディだけ軟質素材になってます、シャシーは組立式でコロ走行可能
造形は悪くないんですが、脱脂しようが何しようがシールが定着してくれません・・・軟質だから塗装も厄介ですし
ここだけは残念ポイント


あと放水銃とドリルジョイントが付属します


2、ハイパーレスキュー1号Ⅱ型B + 機動はしご車 + 隊員人形


説明書はパケ裏、シールもあいかわらずw
4種類のなかでは一番みっちり詰まってて、箱を持っただけでもかなりの重量があります


凄く・・・箱です・・・


ギミックが半端ないです
そこらじゅうに手動スロープがあったり


上部分にミニトミカを置いてレバーを押すと
連動してスロープが降下、自動で転がってきます
こういったギミック大好きですw


付属のミニトミカ

機動はしご車、こちらもボディは軟質でコロ走行可能
ラダー部分は上下できます



見た目はアレですが、これが一番お買い得感高いと思います


そして1と2が合体


ハイパーレスキュー1号Ⅱ型へ


2の紹介の時に書き忘れましたが、コロ走行可能です


基本的に各ギミックは単体で成立しているため
干渉しない限りは動かせます、この状態だと2のスロープのした部分が干渉しちゃうんですが


実はルーフスロープのギミックは生きてたりします


この中をミニトミカが転がっていくんですね・・・すげぇ

ただ高さ方向に余裕がないためはしご車みたく背が高めの車だと微妙に干渉したりしなかったり
まぁそれも面白いんですがw


ってことでハイパーレスキュー1号Ⅱ型でした

続いて3番

3、ハイパーレスキュー3号Ⅱ型A + 機動救助ヘリ + 隊員人形


説明書はパケ裏、ドリル担当になります


ビーム兵器にドリルは不利だっ!!

言ってみただけですw
デザイン的に凄い勇者臭がw



中のヘリポートが上下可動


付属のヘリを格納できます、格納状態からヘリポートを上に動かすとヘリに押されてハッチが開く感じになりますね

ただ、この格納スペース・・・


ローターの幅より狭いんですよね、熟練パイロットでも着陸や離陸は不可能だと思いますw


付属のミニトミカ?ボディは軟質
さらに曲面を多用してるところにシールのため定着しないどころの話じゃないです、これはシール貼らないほうがマシかも・・


コロ走行できない代わりに機体下部のラダーが展開できるようになってます


3はドリル分が好きな人は買わざるを得ないでしょう


そしてラスト4番

4、ハイパーレスキュー3号Ⅱ型B + 機動無人放水車 + 隊員人形


説明書はパケ裏、シールもかなり多めと、いつものカバヤフォーマット


成型色とシールだけでも十分見れるのはカバヤの凄いところ・・・



アームはかなりフレキシブルに可動
コクピット開閉可能、中に隊員人形が搭乗可能です


背面ハッチが開いて付属のミニトミカを収納できます



機動無人放水車、コロ走行可能
放水銃は動きそうなディティールしてますが一体成形のため動きません



ってことで4番でした

そして3と4を合体!

1と2と違いキャタピラを一部変形してあげる必要があります


こんな感じで、またまた書き忘れましたがこれらもコロ走行が可能になってます



ハイパーレスキュー3号Ⅱ型
単体ギミックで干渉するものはないので上で紹介したギミックは全部生きてます

さらに変形


パワーアームフォーム!
向き替えただけとか突っ込んじゃダメw


一通り紹介したところで

全合体!

ドリルレスキュー完成!
凄く勇者臭がするw
組んでみての第一印象はマイトカイザーでしたw


ギミックはほぼそのまま使えます
ルーフスロープはドリル外さなきゃいけませんが



マキシマスと
絡めて遊ぶと狙ったかのようなジャストサイズ


普通のトミカをあいだに入れるとこうなりますw


本物って相当でかいんだろうなぁ・・





このぐらいのサイズのほうが遊びやすくて個人的にはイイですね

ってことでトミカ ハイパーレスキューガムでした
DXのギミックをそのまま縮小したようなクオリティなんじゃないでしょうか
最近のカバヤはイイ意味で狂ってると思います、全部集めても1200円とそんなに高くないんで店頭で見かけたら1種類だけでもつまんでみることをオススメします

ただシールがしょっちゅう剥がれてくるのだけは残念ですね、特に付属のミニトミカ
脱脂してこれだと子供が組んだ時なんてまともにくっつかないんじゃないでしょうか
粘着剤の見直しなりなんなりしてほしいかも・・

同じ軟質素材でもTFガムのシールは殆ど剥がれてきてないんですが、シール材質違うのかな




おまけ


実は接続ジョイントが全て同じため、順番めちゃくちゃでも組めたりします
っていうか無限接続可能ですね・・・これ・・・ゴクリ

・・・誰かやってくれてもいいのよ(チラっ

補足

放水銃はこんな付け方もできたりします


ミニ放水銃は取り外し可能ですが
隊員人形が持つというか・・・置いてるだけですね、一応ガイドみたいなものはついてるんですが保持してくれる訳じゃないです


ダブルで持てたり




ガイドは箱乗り用なのかも知れない
この状態だと結構かっちりはまってます



以前のレビュー品はこちら