MG フィギュアライズ TIGER & BUNNY ワイルドタイガー レビュー

 ついに完成しました
素組みですがw
塗装しなくてもキットだけでこれだけの色分けがされるとかの参考になれば幸いです

詳しくは製作記のタグから飛んでいただければ、最初からどのように組んでいったかがわかりやすいかと
ここではいつもどおりにレビューします


ってことでパッケージ
お値段税抜き定価3800円

ガンプラのHGの箱を2.5倍ぐらいに厚くした感じのサイズです、デカイ


説明書は冊子タイプ
初心者用のアドバイスまで入ってます、ガンプラだとMGは上級者用っていう位置づけだから珍しいですね
バンダイさん的にも普段プラも買わない層が買うことを想定しているみたいです

そしてパーツ

すっごく多いよ!それだけバンダイの気合が入ってるってことでしょう
初心者さんが見たらちょっとヒクかもしれません

つーか普段ガンプラ組んでる自分でも結構多いと感じますね、このパーツ数は
最近のキットあんまり組んでないからかもしれませんがw

水転写デカールとシールが別々に付属してくれてます、上級者にも初心者にも優しい仕様ですね

組立自体はスナップフィットなんで特別な工具は必要ありません、とりあえずニッパーとデザインナイフだけあれば大丈夫

詳しい組立課程はMGワイルドタイガー製作記のタグから飛んでいただければ

組立時間はちょっと分かんないですね
一日ずつちまちま組んでたんで、1日1時間ちょいぐらいで1週間ぐらいで完成したから7時間+αぐらいかな

多分一気に組めばもっと早いと思いますが、シンドいですw


ってことで完成画像
成型色とシールでほぼ色分けされてます
プロポーションも良さげ、オジサン脚長い


各部にクリアパーツが使われています
蛍光グリーンって綺麗だよね
ちなみにクリアグリーン部分と蛍光グリーン部分はブラックライトに反応して光るらしいですよ
持ってないから光らせられませんが

付属品です

差し替えようの手首が多数付属
ただこのシルバーのラインは全部シールで再現となってます
ここが一番しんどかった、塗装スキルある人は絶対に塗ったほうが楽で見栄えもイイと思います



武装・・になるのかな
グッドラック用の右腕と使用状態のワイルドシュートが付属
ワイルドシュートは銃口の付け替えが可能になってます


あと

オープンフェイス再現用のオジサンの生首が付属
アイパッチや瞳のシールはNEXT能力発動時と通常時から択式になってます
ただ、ここもプラモ初心者さんには難易度高いかも

今回は通常状態で作成しました、オープンフェイスで能力発動してた記憶があんまないんで


頭部パーツの一部差し替えで再現してます


一応可動範囲も紹介

肘は干渉する部分まで可動


腕の基部も前後左右上下に可動、胴体もボールジョイントでグリグリと可動
昨今のガンプラ以上に可動します


膝はデザイン的に違和感のない範囲かな、それでも必要十分な可動域
股間も干渉するまでは開けます


一通り紹介し終えたんで
ぶんどど


ワイルドに吠えるぜ!!


恒例のバニーちゃん挑発ポーズ


ありがとう!そして、ありがとう!違w


気を取り直して

このオジサンすごいよぉぉ!!!

フィギュアライズって初めてだったんですが凄いイイです
確かに組み立てるのは大変かもしれませんが、完成した暁には達成感とともにやたらカッコイイオジサンが手に入ります

ってことでMG ワイルドタイガーでした
MGらしいパーツ数でかなり作りごたえがあるキットで、可動範囲も昨今の平均は超えてると思います・・・が
厳しい目でみると合わせ目が結構気になる位置に来たり、クリアパーツのゲートが正面に来ちゃったりと
細かい不満点も多々あるかな

それでも個人的には満足度のほうが高いです
できればシリーズ継続して欲しいですが、このままだとバニーちゃんだけだして終了かな・・・
折紙とかルナさんとかでないかなぁ





オマケ

やっぱオジサンはちょっと残念なほうがイイと思うの

・・・ふぅ

オープンフェイスだと胡座も似合いますねw



今日から君もヒーローだ!

スマートフォン用の椅子型スタンドホルダーがピッタリのサイズでした
バニーちゃんと一緒に並べたい



グッドラックモードの逆襲
何か既視感あるとおもったらマスターハンドだ!


最後はスタイリッシュ土下座でw

はいお粗末様でしたw

以前のレビュー品はこちら