旧キット 1/144 シェンロンガンダム レビュー

 今回はガンダムウイングより1/144シェンロンガンダムをレビュー
漢字で書くと神龍・・なのかな



パッケージ
アニメ調のデザインですね
お値段は平成144シリーズ平均の税込525円
フィギュア付きのモデルはパッケージデザインがCGになっていてお値段が100円高めになってます
今回はフィギュア無しのモデルをレビューです


ランナーです
多色成形ランナーが2枚
成型色は全部で5色と値段の割には豪華です
ポリキャップはウイング144シリーズ共通品、シールは当時の平均ぐらいですかね


説明書は三面開き

完成
[
スナップフィットなので接着不要です
組立時間40分程度でした
このぐらいのパーツ数が自分的にはちょうどいいですね


プロポーションは結構イイほうだと思います、ちょっとドラゴンハングの肉抜きが気になるかな

成型色とシールで、ある程度は色分けされてますが、今のキットと比較すると辛いかも


付属品です

ビームグレイブとシェンロンシールドが付属
グレイブビーム部分はきちんと別パーツになってます、成型色は残念ですが・・・
ここは黄色のほうがよかった気が


可動範囲

ドラゴンハングのギミックの仕様上、右腕はこのようにしかあげられません
左腕は普通に開きます


肘は左右でデザインが違うんですが、可動範囲自体はほぼ同じですね



開脚と接地はこのぐらい
やっぱ保持力と可動範囲が残念です・・


膝はこのぐらい、当時の平均は超えてるかな、フロントアーマーは両側とも一緒に動いちゃいますが一応可動可能
結構干渉するので脚を大きく前に出すことはできません

足首は前後方向に結構可動します


腰は可動範囲広いですね360度いけると思います



ぶんどど

ドラゴンハングのギミック自体はあまり洗練されてない感じかな
似たようなギミックのヴァサーゴと比べると顕著だと思います
接続基部はプラ軸なんでヘタリが怖いですし、動かせる方向の自由度も低いですし

それでも劇中ギミックはきちんと再現されてますし
色分けもそこそこされています、個人的にはかなり気に入りました




ってことで 1/144 シェンロンガンダムでした
500円なら間違いなくおすすめです
平成シリーズはラインナップも多くないからシリーズごと買うってのも・・

以前のレビュー品はこちら