メガサイズモデル ガンダムAGE-1 ノーマル レビュー

今回は旧キットじゃなくて割と新しいキット
メガサイズ ガンダムAGE-1 ノーマルを素組みでレビューします


パッケージ
デカイです・・・
お値段税込8925円

ちょっと定価じゃ手が出なかったんですが

楽天で60%OFFだったのでついポチった、反省はしていない
ここ数週間、劇中でも活躍してましたし


ランナーを軽く紹介
一応全部撮ったんですがランナー一枚一枚がアホみたくデカイため、ランナー1枚で画像一つということになったんでw
気になったランナーだけ紹介


多色成形ランナーは1枚だけでした、腕、脚は同ランナーを二枚使用することでコストを抑えてるみたいです
あとシールじゃなくて水転写デカールが付属



ザクやファーストと同様ランナーロックが採用されてる模様

ゲート自体もタッチゲートみたくなってるので、工具無しで完成します
厳密に言うと発光ユニット組み立てというか電池交換にドライバーが必要ですが・・・



だいたい2時間30ぐらいで完成、平成シリーズの1/100キットのHGより早く作れるかもしれない

144サイズのAGと比較していただければその大きさが確認できるかと



プロポーションはちょっと頭がでかいマッシブな感じ
劇中イメージに近いかな

成形色だけでほぼ完璧に色分けされてます
工具は必要ないってかきましたが薄刃ニッパーだけは使用したほうがいいかもしれません
付属のセパレーターでも取り外しはできるんですが、結構な勢いでゲート基部がもげます

ちなみに今回はニッパーによる切り出しだけでデザインナイフによるゲート処理はしていません



発光ギミック
設計が匠で発光ユニットひとつだけで胸のAモールドとツインアイが発光します
ユニットはMGのエクシアとかのと一緒のものみたいです


スラスターの回転がスイッチになってます


付属品

サーベルは長短二種類付属してます


ドッズライフルはグリップと前部が可動、ポリキャップ使用してるからヘタリも心配なさそうです
つーかデケぇ・・・AGだとシールドにゲットライドできそうなサイズ、ドッズライフルはハイパーメガランチャー並ですね・・・


可動範囲

肩は90度まであがってませんね、肘も一軸関節のため90度、HGより可動範囲自体は狭いかもしれません


肩には前後可動もあります


下腕はシールド基部ごと回転します、ここもポリキャップ接続なんでヘタリは心配なさそう


軸関節なんで開脚性は高いです、干渉しなきゃ180度まで開けるかも
接地はあまりよくないです


足首はあまり動かないです、保持力を優先した模様


膝も一軸関節で90度程度ですね
膝立ちはちょっと無理でした


腰のサーベル基部は取り外し可能、腰は結構まわります



基本的に動かして遊ぶものじゃなくて存在感を楽しむものですね
それでもぶんどど


最新のHGやMGには敵いませんが、必要十分以上は可動します
ハイキックもできるし、っていうかサイズ的に弄ってるだけで変な笑いがこみ上げてきます


メガサイズザクと比較


モビルスーツってでかいんですよね


最後に親子で


ってことでメガサイズのガンダムAGE−1ノーマルのレビューでした
出た当初はなんでこんなもん発売するんだとか思ってましたが
実際買ってみるとかなり満足度の高い商品です、正直半額以下だったら間違いなくオススメです

唯一の欠点は置く場所がないことかw
っていうかAGE−2も欲しくなってきた・・・


以前のレビュー品はこちら