1/144 ドラゴンガンダム HPM ハイパーモード レビュー

 デルタガンダムも発売したことだし、今回は1/144のドラゴンガンダムの金ぴかバージョン ハイパーモードをレビュー


パッケージです
微妙に外枠の色が違うだけで商品説明自体は
元キットのものが使用されています
フルメッキですが、お値段なんと735円とかなりリーズナブルになってます
ランナー一枚あたり100円もかかんないんですかねメッキ工程って・・・

そう考えると
デルタガンダムとはなんだったのか・・・HGで4千超えはちょっとボリすぎなんじゃないでしょうかね
元キットの二倍近いの値段でランナー三枚だけメッキって・・

いや、まぁ時代が違うのはわかりますけど




ランナーです、全部で三枚
色分けは完璧ですねw
シールはカメラアイ部分のものだけ付属します、何故か他のガンダムのHPMのカメラアイも付属
細かいところでコストを削ってたんですかね

ポリキャップはGガンダム144シリーズ共通品



基本的に元キットにメッキをつけただけなのでアンダーゲートとかは採用されておりません
なのでゲート跡が気になるかも、しかしメッキ奇麗だな。。。



説明書はほとんど元キットのままです

組み立て自体はスナップフィットの今の仕様、メッキ分はめ込みがきついってこともありませんでした
だいたい30分ぐらいですかね、ゲートを薄刃ニッパーの一発切りだけで処理したのでいつもよりは時間かかってないとは思いますが・・、(いつもはデザインナイフで処理してます)

神々しい・・・・
きらめいてます
プロポーションはちょっと寸胴かもしれないですね
そこまで悪くはないとは思いますが

ちなみに付属武装はありませんがコアランダーは分離が可能


可動範囲です

肩は90度まであがりません
肘は90度程度、しかし手首の向きがほぼ固定になってしまいますね


開脚と接地はこのぐらい、足首のデザイン上自立が辛いかも
他のGガンダムシリーズのモブ機同様、こいつも腰が固定です


膝だけは良く動きます
二重関節で150度ぐらいまで可動、フロントとサイドアーマーは独立して可動します


軽くぶんどど

膝意外は当時の平均的可動範囲ですね、説明書にはドラゴンクローを再現って書いてありますがただ手首取り外してるだけです
一応ドラゴン部の口は開閉可能・・・というか軽く上下に可動するだけなんですが

ってことで1/144ドラゴンガンダムHPM ハイパーモードでした
色分けは完璧ですしw値段も安いからお勧めですよ、このキット

しかし弄ってると指紋が気になりますwメッキ自体は結構強力みたいなんで軽く擦れただけで剥がれるってことはないかと思いますが

この手のキットは素立ちで飾っておくのが一番なんでしょう


とりあえず部屋の西側に飾ったから金運がアップするに違いない



通常版の在庫がなくてHPMが投げ売りってどういうことなの・・・
ドラゴンの通常版だけあればシャッフル同盟6体揃うのになぁ

以前のレビュー品はこちら