1/144 ガンダムエピオン

 今回はガンダムエピオンの1/144の旧キットをレビュー

こいつも最近MGが発売されたよね・・・EW版だけど

まずパッケージ


平成144シリーズ共通サイズですね
お値段は税込525円

ちなみにWは
キットの中身が同じでパイロットフィギュアが付属、パッケージデザインが違くてお値段100円増しのものが良く再販されてます

アニメ版パッケージのエピオンってなかなか貴重かも



ランナーです
この時代のキットとしては珍しくランナー4枚仕様、細かいパーツが多そうです
その代償としてか多色成形は使われてません、全部で2色
そのぶんシールが多めかと

ポリキャップはWシリーズ共通のものみたいです


説明書も三面開きG以降の平成仕様です


スナップフィットで切り出してハメルだけで完成
細かいパーツが多いから結構時間かかった気がします1時間ぐらいかな


プロポーションは・・・悪くはないんですが
なんか違うかなぁ、顔は明らかに違いますね

色分けは成形色というか殆どシールで補完されます、結構厳しいものがあるかな


シールドとビームサーベルが付属


シールドのヒートロッドは3ポイントのみ軸可動が可能
自由に動かしたりは出来ません


可動範囲


肩は90度ぐらいまで開けます


肘は90度に届かないぐらい

上半身は当時のキットの標準程度には可動します

いっぽう下半身はですね


膝可動はほぼ絶望的です、、、、おまけに腰アーマーが固定のため前後方向にも殆ど動きません
足首は変形の都合上前後方向にだけは良く可動します


開脚もアーマーに干渉しちゃってダメダメですね、足首の左右はもう動かないものと思ったほうがいいです・・

ぶんどどしにくい・・



設定どおり変形可能です

手首と腰アーマーのみ差し替え、飛行状態のプロポーションは割といいほうかと

基本的には寝かせるだけ変形と大差ありませんが
この脚を前にもってくるギミックのせいで腰可動と腰アーマー可動がオミットされちゃってます

MS形態での可動が犠牲に・・



それでも一応ぶんどど

当時としてはホントに最低限の可動しかないですね、なかなか厳しい

あと弄るたびに腰リアアーマーが外れてストレスがたまります

ってことで1/144ガンダムエピオンでした

あんましおすすめ出来ないかなぁ、なんかWやヘビーアームズと比較すると結構ガッカリキットって感じがします
一応はじめは主人公機だったんだからもう少し頑張ってほしかったですね

以前のレビュー品はこちら