1/144 ガンダムレオパルドD(デストロイ) レビュー

 今回はフリーデン所属のガンダムレオパルドDを素組みレビュー


ガンダム関連の売上が良いらしいのでそろそろMGのガンダムXシリーズ出してください
お願いしますバンダイさん

当ブログはX推しです

ってことでレビュー

パッケージです
平成144シリーズ共通サイズ
当然税込525円


説明書は三面開き
劇中設定が多少書いてあります




ランナーです
キット自体は劇中設定と同様でガンダムレオパルドのリデコとなっています
ランナーは3枚+0.1枚って感じかな
ポリキャップはレオパルドと同じなので当然Xシリーズ共通



ちなみにレオパルドとの変更ランナーはこの一枚になります
なにげに普通のサイズより大きめなんで分割されています
工数増えそうでかなりコストあがってそうです


組み立て自体はスナップフィットの現在の仕様と同じです

だいたい40分ぐらいで完成、プロポーションはレオパルド同様でかなりイイです
色分けは追加ランナーが単色だけのため、結構きびしいものがありますね
それでもOOのFGやSEEDのコレクションキットよりは色分けされています



可動範囲です

肩はレオパルドよりは開けます


肘は当然同じ90度程度



脚や腰も(ry
っていうか可動部分は基本的にレオパルドと同じですね


ってことでぶんどど

強化されても相変わらずギミック満載の機体です
色が足りないのも相変わらずですが

ちなみに

インナーアームガトリングが強化されたツインビームシリンダーは
補助パーツを取り付けたうえに下腕部まるごと差し替えで再現になります

この補助パーツの肘部分の関節がプラパーツなのでヘタリが非常に怖いですね
サイズはポリキャップと同じなので簡単に流用はできそうです


ってことで1/144 ガンダムレオパルドDのレビューでした

当時のキットって500円でギミック満載でいいですよね、今のキットみたいに割り切ってなくて
コスト限界まで挑戦してる感じが作ってて伝わってきます

Xシリーズはほんと出来がいいんで店頭で見かけたら一個買ってみることをオススメしたいです
そして早くMG出してくださいバンダイさn


強化前の機体と比較


以前のレビュー品はこちら