1/100 ガンキャノン

 久し振りに本物の旧キットを素組レビュー
今回は1/100 ガンキャノンです

パッケージ、同スケールのザクと同じ大きさかな?
お値段は税込735円となっています


説明書は二枚折、旧キットらしくランナーへの塗装指示がw


ランナーです

全部で4枚、パーツのデカさが旧キットらしいですね

成形色は3色です、ある程度の色分けはされるみたいです
ザクやグフにあったシールはついてません

旧キットなんで組み立てには接着剤が必要です
別途お買い求めください

パーツ数が少なく講座が単純なため接着を除けば、組み立て自体は今のキットより簡単な気がします
今回は接着待ちを除けば40分ぐらいで完成ですかね

成形色だけでもここまで色分けされてます、元の配色が単純なためちょっと塗装してやるだけで良さそうです
プロポーションは・・・・いかにも旧キットって感じですね
個人的に上腕と下腕の関節部分が長すぎな気がします、なんかいかにもロケットパンチを出せそうな形


可動範囲

肩はこのぐらいまでしか上がりませんが旧キットとしては十分な可動範囲


1/144と違って関節の可動箇所を隠すパーツがついてます、この仕様は後のキットやスペクリにも受け継がれてます
こんな前からあったギミックだったんですね


肘は・・・・
30度ぐらいでしょうか・・・プロポーションを犠牲にして可動を優先したのかと思ったんですが
そんなことはなさそうですね、上腕との基部にロール軸があるためガンダムよりは自由度は高いですが


キャノン砲は上下に可動可能、首もある程度までは動かせます

下半身はこんな感じ


一応開脚できます


前後方向にはこのぐらい
旧キットですね・・・・


ちなみにこのキット


なんとコアブロックシステムを再現しています


垂直尾翼とランディングギアのみ取り外しで、コアファイターに変形可能
コロガシ走行可能になってますが接着が非常にシビアですw

ちなみに、このコアファイターかなりデカイです、PGぐらいのサイズがありそうな気がする・・
実際はこっちのほうが設定に忠実なんですがね

ガンダムと違ってコアファイターを内蔵してなくてもガンキャノン本体は補助パーツ無で合体可能です
つまり別々に飾れます、内蔵すると開脚部分に干渉するんで遊んだあとは別々に飾っといたほうがいいかもしれません
余剰も出ませんし



付属品
ガンキャノン砲の代わりに装備できるビームスプレーランチャーと交換用の右の握り拳が付属します
ちなみにライフルは右手と一体になっているので左手に持つのは不可能です・・・

ぶんどど

あんまり動けない・・・・手の向きを気にしないなら左手にライフルも装備可能ですが違和感がマッハですな

今回弄って思ったこと、というか旧キット全般に言えるんですが保持力が・・・
武器を持ってない腕さえまともにあげれない素敵仕様でした、だいぶ金型がやつれてきてるみたいですね

ちょっと弄ってやればいいんですが、今の子にはちょっと敷居が高いかなぁ

低価格でこのサイズは非常に魅力的ですね
コアファイターの変型・収納等のギミックも豊富ですし
旧キットとしては結構お勧めの部類に入るんじゃないでしょうか、可動は旧キットなりですが
少なくとも足首の動かないアイツよりは・・・

ってことで1/100ガンキャノンでした


時代の流れって恐ろしい
これ100円しか違わないんだぜ・・・


以前のレビュー品はこちら