AG ガンダム AGE-1 素組レビュー

 最近始まった新ガンダムのキットをレビューしたいと思います

一応番組見たけど・・・・あれガンダムじゃないよね


今回のレビューはあえて入門モデルのアドバンスドグレードで
HGも出来はいいんだろうけど平成シリーズと比べると値段がネックなんですよね・・


AG ガンダム AGE-1

パッケージです、プラモらしからぬ、なんか玩具チックな箱になってます
サイズ的には平成144シリーズと同じサイズですね
ちなみにお値段税込630円、高いのか安いのかは感じ方次第かと


ランナー

6色成形、かなり思い切ったパーツ割
サイズの小さいランナーを複数枚使用することで多色成形技術は使われていません
以前のキットなら間違いなく多色成形で出してきたと思いますが
そしてなんとシールレス仕様、ポリキャップも付属していません

こうゆう細かいところでプラモ側のコストを抑えているんですね



ゲイジング用のカード?とゲイジングチップなるICユニットが付属しています
このチップ自体は結構コストかかってそうです

巷で聞いた話だとオーメダルと同じIC使ってるって話だったんですが、とりあえずオースキャナーでスキャンしても何も反応しませんでした・・


説明書です

SEEDのコレクションシリーズ初期によく見られた箱裏説明書
色つきCGで分かりやすくなってます

初心者向けらしくタッチゲート仕様、手でもぎとってハメルだけで完成


パーツの分割がものすごい大胆です
ブロックビルドシステムという可動を捨てた組み立て方式によって、組み立てるだけでかなりの色分けがなされます

顎やツインアイもパーツで色分け、腕など3パーツで関節と手首の色分けまで再現されてます
SEEDのコレクションシリーズのようば微妙な可動より完全に割り切ったこの仕様のほうが個人的には好きですね


パーツ数も少ないため5分程度で完成します
プラモって言うよりホントに簡単な立体パズルを作ってる感覚ですね
プロポーションは結構よさげ


装備も付属します
シールドまできちんと色分けされてるのには感心しました
残念ながらサーベルは単色成形ですが



可動はソフビ並にしかありません
腕と首が動くぐらい
ポージングはできませんが、素立ち状態でも脚を開いた状態になるのでポーズつけないで飾る人にはこれで十分かと



RGと比較、サイズ的にファーストと大差ないみたいですね


ってことでAG ガンダムAGE-1でした
可動をあえて捨てたブロックビルドシステムは入門用のプラモの仕様としては非常に面白いと思います
SEEDみたいに半端に可動するよりも大胆なパーツ分けで色分け優先とかなかなか思いつかないですよね

ただゲイジングチップはホントに必要なのかと・・・
近所で筺体をまったくみない現状だとそう感じざるをえませんねぇ

チップ無バージョンを作って値段を下げて布教するってのもアリじゃないでしょうか?
っていうかAGEシリーズにこだわらずこの仕様で他シリーズのキットとか出してくれないかなぁ

以前のレビュー品はこちら