名セリフが思い浮かばない

 今回は連邦軍の量産型モビルスーツのジムをレビューしたいと思います
ジオンのザクとよく比べられますがビーム兵器を内蔵してる分、ザクよりはるかに上位の機体だと思うんだけど
自分だけなんでしょうかねぇ

最初に完成させたの載せたほうがわかりやすいんかな

まぎれもないジムです、この弱そうな顔が好きw


続いてパッケージ

このキットに操縦士ははいっていません・・・
誰これ?
と思って調べたらビグザムに踏みつぶされた一般兵らしいです、そんなもんパッケージに書かなくても


塗装図兼説明書



ランナー、当然ながら一色成形、いかにもジムらしいうすい緑色をしております


製作記とか気づいた点とか
基本的にガンダムのフォーマットと一緒になるはずなんですが、後発の機体らしく
いろいろな点が改良されてます、主人公機体より量産機のほうがおもちゃとかでは性能いいのは皮肉ですよね

改良点1

ガンダムと違って肩が挟み込みになってます
画像じゃちょっとわかりにくいですが、六角パーツで疑似的にクリック関節っぽくして保持力をあげようとしている工夫がみられます、実際は結構保持力弱いですけど、ひょっとしたら金型がヘタる前は効果あったのかも

改良点2

バックパックのバーニアが再現されてます、バーニアはそれぞれ角度が付いているので接着するときに回転させれば好きな方向にできます、接着しちゃうから固定ですが


改良点3、4

手首は後はめ可能に、ビームライフルはちゃんと握った形で造形されてます
右手首はサーベル用の握り手も付属するんですが、片方はめちゃうと交換できない仕様になってます
無理やり引っこ抜いたら見事に破損したんで注意してください

後は画像ないけどシールドの窓が開口されてます


こんぐらいですかね

気になる可動範囲
まぁここは上腕がロールできなかったりとあんましガンダムと大差ないんですが


腕はこんぐらい


肩はこんぐらい


足はまとめてこんぐらいうごきます
足首伸ばす方向にはガンダムより可動範囲がひろがってるみたいです



ってことでポージング




これぐらいはできるんです

あらぶる鷹のポーズっ!!

この状態で自立してます・・・恐るべき旧キットw



最後にガンダムと、すごく・・・緑です・・・

ジムかわいいよジム
ってことでジムレビューでした
ガンダムと比べるとガンプラの進歩がわかる良キットだと思います

以前のレビュー品はこちら